ムッシュKの日々の便り

monsieurk.exblog.jp ブログトップ

瀧口修造とデュシャン

 千葉市美術館で開催されている「瀧口修造とマルセル・デュシャン」展を見てきた。瀧口の研究家で、彼の作品を数多く蒐集している土渕信彦氏と、マン・レイの研究者でコレクターの石原輝雄氏と一緒だった。石原氏のことは以前にブログ(「マン・レイになってしまった人」)で紹介したことがある。
 瀧口修造(1903-1979)は、慶應義塾大学の英文学科の学生として、帰国したばかりの西脇順三郎の下で薫陶をうけ、1920年代後半にシュルレアリスムの詩人としデビューした。
 瀧口は1930年にアンドレ・ブルトンの『超現実主義と絵画』を翻訳したが、これが日本で最初の本格的なシュルレアリスムの紹介だった。同じ年には小林秀雄がランボーの『地獄の季節』を翻訳している。やがて戦争へと傾斜する時代のもとで、二人の歩みは次第に対照的な軌跡を描いた。一人はあくまでも批判的態度を堅持し、他方は古典へと回帰していった。
 瀧口は戦前、戦後を通じて美術評論を中心に活動して、日本の前衛芸術の牽引役をになった。さらに1960年以降は、文筆によるだけでなく、自動筆記によるデッサンやデカルコマニー、さらには写真や映画も製作した。フランス語のデカルコマニー(décalcomanie)とはdécalquer(転写する)に由来するもので、紙と紙の間に絵具を挟んで全面に圧力を加えると、絵具は押しつぶされて広がり、作者の意図しない形態を生み出すことができる。瀧口は転写画の偶発性に惹かれたのである。こうした創作は、他人の作品の批評に飽き足らなくなった瀧口のやむにやまれぬ自己表出だったともいえる。
 今回の展覧会では300点をこえる作品と資料を見ることができるが、それらは大きく3部に分かれていて、第1部は、デュシャンの出世作ともいえる≪階段を降りる裸体≫の版画や、代表作≪彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも≫(通称「大ガラス」、1923年製作)の部分の版画、男性用便器にサインしたレディ・メイド≪泉≫以後の作品で構成され、第2部は瀧口とデュシャンの交流を示す資料と、瀧口によるデュシャン関連の作品、第3部ではマン・レイ、ジャスパー・ジョーンズ、荒川修作など、瀧口と交流しその影響をうけた作家たちの作品が展示されている。
 瀧口修造がマルセル・デュシャンについて最初に触れたのは、西脇順三郎の『超現実主義詩論』の付属として書かれた「ダダよりシユルレアリスムへ」(1929年)である。『幻想画家論』(1959年)に収められた「マルセル・デュシャン」では、「デュシャンを一層有名にしたのは、むしろかれの反絵画的行動である。ダ・ヴィンチのモナ・リザの複製に髭をつけたという話はダダの伝説になっているし、1917年、便器に署名してニューヨークのアンデパンダン展に持ちこんで拒絶されたのもかれである。デュシャンはいわゆる「レディ・メイド」のオブジェの認識と機械思想〔マシニズム〕とを近代芸術のなかに導き入れた最初の人である」(コレクション瀧口修造、第1巻、168頁)と紹介している。ここに言及されているデュシャンの作品の多くは、展覧会で観ることができる。
 瀧口がデュシャンの面識を得たのは、1958年にヨーロッパを旅行して、スペインのバルセロナに近いダリの自宅を訪ねたときであった。このときの様子は、『ヨーロッパ紀行1958』に綴られている。「タクシーで帰ろうとしてダリの家を眺めるとテラスからかれの上半身が見えたので、私は駆けだしていって別れをつげた。すると玄関へ出てきて、「はいれ、紹介する人がある」という。思いがけぬダダの元老マルセル・デュシャンがテラスの籐椅子にかけてにこにこしていたのである。」(同書、222頁)
 これが生涯ただ一回の邂逅だったが、以後二人は手紙のやりとりを通して親交を深めた。国や言葉を異にするとはいえ、同じ精神の共鳴(résonance)と呼ぶべきものだった。今回の展示はそれをよく示している。
 瀧口修造の感性をよくあらわしていると思ったものに、「瀧口修造ゆかりの作家とマルセル・デュシャン」のコーナーに飾られている、「マン・レイあて追悼文」(1976年、宮脇愛子氏蔵)がある。鬼才マン・レイはデュシャンと並んで、瀧口が愛し影響を受けたフランスの芸術家で、1976年に亡くなった。

 マン レイ様

 拝啓
 失礼ながら まず あなたのお名前について 私が
 年来、奇異に感じてきたことを申し上げたいのです。
  これは私の頑な考えなのですが、人の謂わゆる本名が
 必ずしも本名らしくなく、むしろ俗名のように見えがち
 だということです。日本の諺に「名は体を表わす」
 などといいますが、私には到底信じ難いことで、というよりは
 名がその物自体を定義することなど思いもよらず、
 況んや 人の名がその人を体現することは不可能だからです。
  しかし 唯一の例外はあなたの本名としてのマン・レイ
 だと思うのです。いったい、あなたの誕生と
 命名に何が起ったのでしょう?
  あなたは画家としても、写真家としても著名ですが、しかし
 多くの人は、困ったことに、あなたのお仕事を二通りに
 評価しがちです。しかし 私の考えでは、あなたこそ事実上、
 肉眼と暗箱とを、素手で、つまりまさしく
 人間〔マン〕の光線〔レイ〕を通じて つないだ唯一の芸術家なのです。
 マン レイ、その名は あなたの 生まれながらの
                          発明です。
 人間 MAN よ、それをなし遂げたのは
                      あなたです!
                   敬意をこめて
                      滝口修造
                       一九七三年十一月末日
 プラトンは対話編『クラチュロス』の中で、言葉が事物の本質をあらわすか、それとも習慣・約束に基づくものかどうかを問題にした。名前の正しさは本性的であるとするクロチュロスに対して、ソクラテスは名前の正しさは現実には使用する人たちの取り決めによると主張した。「追悼文」の瀧口はソクラテスの側に立つわけだが、唯一の例外がマン・レイである。彼の場合は名が体を表し、瀧口はその奇跡を愛でるのである。

 展覧会の会場は美術館の7階と8階だが、関連企画として、土渕信彦氏の企画・構成による「瀧口修造の光跡 Ⅲ 「百の眼の物語」」が開かれている。ここでは土渕氏の個人コレクションである、瀧口のデカルコマニー44点と関連資料を見ることができる。展示されたデカルコマニーの制作年代は1960年から1973年におよび、色彩を用いたものから墨絵風のものへ変化していく様子を追うことができる貴重な展示である。こちらの方は展覧会よりも早い12月25日までの開催。お見逃しなく。
[PR]
by monsieurk | 2011-12-14 23:47 | 芸術 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://monsieurk.exblog.jp/tb/15110587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Art-Chigusa at 2011-12-17 17:38
イタリアのペルージャで絵を描いているものです。
サッカーの取材もしているので、マルセイユの監督デュシャンのことをサイトで探したら、偉大な芸術家で私も好きなデュシャンから、このサイトに入りました。
面白く拝読しました。リンクしてもよろしいでしょうか?
Commented by monsieurk at 2011-12-18 07:38 x
Art-Chigusaさま、サッカーの監督から芸術家へ,これだからブログはやめられません。どうかリンクをお願いいたします。ベルージャはかつて中田英寿さんが所属したチームがありますね。それにしてもイタリア暮らしとはうらやましい!Xmasはそちらですか?
Commented by Art-Chigusa at 2011-12-20 02:53
ありがとうございます。イタリアに行かなかったら、
きっとフランスに行ってたんじゃないかと思うぐらい
フランスも大好きです。文学や映画はイタリアよりも好きです。フランスによくいかれるのですか?私はクリスマスもお正月も帰れないんです。
18歳の息子が思春期で目が離せないので・・・高校最後の年なので、卒業できたら、ゆっくり日本へ帰省したいです。日本人なんですから。
line

フランスのこと、本のこと、etc. 思い付くままに。


by monsieurk
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31