フランスのこと、本のこと、etc. 思い付くままに。


by monsieurk
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ラジオ・ドラマ「不安の夜」Ⅳ


SE(吹きすさぶ嵐)

歩哨 暗号は?
 オデッサ

(N) 歩哨が扉を開いた。衛兵所にはマッシャー特務曹長が待っていて、不動の姿勢で敬礼した。外套を脱ごうとすると、彼が言った。

特務曹長 あちらは寒いですよ。
 構いません。外套を着ていると、まるでほんのちょっと覗きにきたように思われかねませんから。
特務曹長 では、参りましょう。

SE(廊下を行く二人の足音)

特務曹長 彼には従軍牧師殿から言っていただけますか?
 承知しました。
特務曹長 わたしが先に入ります。

SE(独房の扉があき、閉る音)

特務曹長 起きたまえ、パラノフスキー。・・・服を着るんだ、君にお客さまだ。
パラノフスキー 一体どうしたんです? 
特務曹長 質問はなしだ、早くし給え。
パラノフスキー ほんのちょっと待って下さい。

SE(便器に小便をする音)

特務曹長 さあ、毛布を片付けるのだ。・・・どうぞ、牧師殿。
 なぜこんなに早い時間にもう一度やってきたか、分からないだろうね?
パラノフスキー 死刑判決のことですか?
 そう。
パラノフスキー 減刑の請願は却下されたんですね?
 そうだ。
パラノフスキー それで、ぼくは何時にやられるのですか?
 今日。
パラノフスキー 今日・・・何時に?
 1時間後だ。
パラノフスキー どこで?
 ここの郊外だ。
パラノフスキー 首を刎ねられるのですか?
 とんでもない。君は軍人じゃないか、パラノフスキー。
パラノフスキー では銃殺ですね。
 そう。
パラノフスキー ああ、・・・じゃあ請願は却下されたんだ。・・・(しばらく沈黙)ほんの2、3週間でいいから、人間らしい暮らしがしてみたかった。ただそれだけで、死ななければならないんですね。・・・ぼくは何にも悪いことはしませんでした。牧師さん。・・・ぼくは懲罰中隊へ放り込まれるのは絶対にいやだったんです。われわれの隊にいた2人の兵隊が、懲罰中隊のことを話していました。こんな小さなパンひと切れとキャベツのスープ、それで労働は朝4時半から夕方7時まで。騎馬曹長の監視がついて、しょっちゅう駆け足なんです。それじゃあ、確実にくたばってしまいますよ。
 パラノフスキー、あと1時間、わたしたちは一緒にいられる。それを有効に使うことが大事だと思うのだが・・・何か頼みがあれば、ぜひかなえてあげたい。・・・君が愛していて、何か伝えたいに人に、手紙を書いてはどうだろう。
パラノススキー(しばし逡巡のあと) いえ、結構です。誰もいません。
 わたしは一部だが裁判の書類を読んだ。そうしなければならなかったのだ・・・
パラノフスキー そうですか。ではよくご存じなんですね。
 知っている。でもあんな書類では、本当のことが伝えられているとは思えない。
パラノフスキー まあ、どうだっていいですよ、いまとなれば・・・
 もちろんそうだ。わたしが言いたいのは・・・君は・・・リューバに、ひと言書いておきたくないかね?
パラノフスキー 手紙を書いても意味がありません。手紙は届きはしません。
 そんなことはない。
パラノフスキー どうやって届けるのですか。
 わたしが届くように取りはからう。
パラノフスキー あなたが?
 そう、約束する。
パラノススキー(間を置いて)まだ時間はありますか?
 ああ、充分あるとも。
パラノフスキー 便箋をお持ちですか? 牧師さん。
 ここにある。・・・君の代わりにわたしが書いてあげようか?
パラノフスキー そうしていただけるのなら・・・あなたはロシア語がお出来になりますか?
 いや。ロシア文字は書けないが、キリル文字なら書ける。だからゆっくりと口述してほしい・・・。
パラノフスキー それじゃあ、手紙の内容があなたにはお分かりになりません。
 それは構わない。これは君たち二人のことなのだから。

(N) 彼は口述し、わたしは筆記した。ときどきわたしにもわかる言葉があった。それは相手を思いやる言葉だった。軍事機密の漏洩になるようなことはなに一つなかった。

 さあ、これで出来た。名前は君に書いてもらわなくては・・・それでないと、リューバは、これが君からの手紙だと信じないだろうからね。

(N) 彼は名前を書こうとして、手がふるえた。それでもなんとか署名した。彼は村の名前を言い、わたしはそれをひかえた。彼は家の様子をこまごまと語った。

 わたしたちがここで出会ったことを、やはりリリエンタール牧師に言った方がよいのじゃないだろうか?
パラノフスキー よろしく仰って下さい。でも、それであの方が喜んで下さるとは思えません。
 君の堅信礼のとき、リリエンタール牧師が与えてくれた言葉を覚えているかな?
パラノフスキー いいえ、もう覚えていません。
 なにか覚えていないかな。とっかかりがあれば二人で確かめることができるのだが・・・
パラノフスキー ちょっと待ってください・・・なんでも、飲むという言葉がなかにありました。
 こうだったのではないか・・・「渇ける者はわが許に来りて飲め」。
パラノフスキー そうだったかもしれません。正直に言って、宗教や教会といったものを、あまり気にかけていなかったんです。でもお祈りだけは少しは覚えていました。そしてここ何日か、こんなことをしきりに考えました。・・・これはどうしてなんだろう。もう一遍はじめからやり直すことができないのは、どうしてなんだろう。・・・でも、いまはそれも問題じゃありませんね。
 いや、いま問題にすべきは、そのことだよ。

SE(5時を打つ時計の音が遠く聞こえる)

パラノフスキー まだ時間があるでしょうか?
 あるとも。
パラノフスキー 早く済むでしょうか? すぐに当ててくれるでしょうか?
 当てるだろう。

SE(監房の中を歩きまわるパラノフスキーの足音)

パラノフスキー これがリューバです。・・・あなたは彼女に会ってくださるでしょう。・・・これが男の子。可愛い子なんです。・・・残念です。

(N) 彼は写真を引き裂いた。その瞬間、彼はまるで愛おしい命から、永久に別れ去る人のようだった。突然、彼は立ち上がると、わたしに抱きついてきた。

パラノフスキー ありがとうございます。 ありがとう、牧師さん。・・・
 手紙はきっと届けるから。安心して。

SE(廊下を近づいてくる複数の足音。扉の開く音)

軍法会議判事 フョードル・パラノフスキー、ウクライナ方面国防軍司令官閣下により、次のごとく決定された旨、君に通告しなければならない。パラノフスキーの減刑請願は却下された。判決は執行されるべきである。この決定に従って、君は今日、銃殺される。態度を取り乱さぬように! あくまでも軍人らしく死にたまえ!

M(短い悲痛な)
                               (続)
[PR]
トラックバックURL : http://monsieurk.exblog.jp/tb/20840947
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by monsieurk | 2014-07-10 22:30 | 芸術 | Trackback | Comments(0)