フランスのこと、本のこと、etc. 思い付くままに。


by monsieurk
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

鈴木信太郎「ステファヌ・マラルメ詩集考」

 いま雑誌「ユリイカ」(青土社)に、ステファヌ・マラルメの詩篇の翻訳を連載している。翻訳のもとになるフランス語のテクストは、1998年にガリマール社のプレイアード叢書として刊行された、ベルトラン・マルシャル編纂になる『マラルメ全集Ⅰ』(Mallarmé: Œuvres complètes Ⅰ. édition présentée, établie et annotée par Bertrand Marchal, Bibliothèque de la Pléiade, Gallimard,1998)に収録されたものに拠っている。これはマラルメの死後100年を記念して刊行された新たなマラルメ全集で、詳細かつ正確を期したものである。
 ただマラルメの詩のテクストに関しては、半世紀以上前に、鈴木信太郎先生によるテクスト・クリティック(本文批判)が行われていて、私たち日本の研究者はその恩恵に浴してきた。写真がその『ステファヌ・マラルメ詩集考』で、上巻は1948年9月、京都にあった高桐書院から、下巻は2年後の1951年4月に、東京の三笠書房から刊行された。d0238372_922077.jpg
 出版を企画したのは東京帝国大学仏文科で鈴木の教えを受けた淀野隆三で、上、下巻が別々の出版社なのは、淀野が発行人をつとめていた高桐書院が1948年に経営破綻し、その後淀野は三笠書房へ移り、企画を継続させからである。
 鈴木先生の『マラルメ詩集考』は、もともと学位論文として執筆されたものである。これについてご子息の鈴木道彦氏は、『フランス文学者の誕生 マラルメへの旅』(筑摩書房、2014年)で、こう述べている。
 「それら〔戦前の仕事〕のなかで特筆すべきものは、昭和十八年(一九四三)に東京帝国大学に提出された学位論文『ステファヌ・マラルメ詩集考』である。これは戦後に出版され、信太郎の主著と言ってもよいものになったが、マラルメの詩について可能は限りすべての異本を検討し、それらを厳密に比較して、あるべき『マラルメ詩集』とはどういうものかを探った研究である。
 信太郎がこのような研究方法に着目したそもそものきっかけは、大正十二年(一九二三)頃、絶版になっていたチボーデの『ステファヌ・マラルメの詩』をヴラン書店から入手して、「不遇の魔〔不運〕」という詩篇に夥しい異本があるのを知ったことにある。その後、昭和四年(一九二九)に発表されたマラルメの女婿の論文で、ほとんどすべての詩に数多くの異本があることが分かり、マラルメの詩の研究には、これらを精査することが不可欠であることを痛感したという。」、「これら〔詩のテクスト〕を文字通り一点一画も忽せにすることなく、厳密に検討し、それぞれの版について、カンマの有無、誤植の有無、行空きの有無、マラルメの書き癖の再現の仕方などの異同を指摘し、どのテクストに拠るべきかを述べたのが、この論文である。ここでは詩の分析や鑑賞ではなく、ひたすらテクストはどうあるべきかが問われていた。しかも問題になるのはフランス語原詩のテクストなのだから、これは専門的にマラルメを研究する者のみに向けた論文であり、本来ならフランス語で書かれるべき種類のものだった。」d0238372_94888.jpg
 この『ステファヌ・マラルメ詩集考』の出版のための清書原稿を、神田の古書店で入手したのはいまから10年ほど前のことである。それは200字詰め原稿用紙1464枚からなるが、清書をした人が誰かはいまのところ分からない。d0238372_955249.jpg
 学位論文として提出されたものを出版用に清書したものと思われ、フランス語のテクスト部分は、写真のようにタイプライターで打たれている。
 さらに鈴木先生自身による推敲、加筆も若干なされていて、さらに版元の赤鉛筆により指示も記入されている。そして本文とは別に「後記」が書かれているが、これは明らかに鈴木先生ご自身の書体である。最期には、
「戦災は蒙ったが本は焼かれなかった書庫に於いて、
 一九四七年一月二十一日」
と書かれている。
 『ステファヌ・マラルメ詩集考』は、マラルメの詩のテクスト確定作業のさきがけであり、道彦氏も指摘しているように、この研究がフランス語で発表されていれば驚異をもって迎えられ、世界のマラルメ研究を一歩も二歩も前に進めていたに違いない。いずれ歴史的な価値をもつこの生原稿は、どこかに寄贈したいと考えている。
d0238372_98865.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://monsieurk.exblog.jp/tb/21478747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by monsieurk | 2015-01-18 22:30 | 収穫物 | Trackback | Comments(0)