ムッシュKの日々の便り

monsieurk.exblog.jp ブログトップ

アルベール・カミュ「アルジェの夏」Ⅰ

 アルベール・カミュのエッセー『結婚』(Noces)については、これまでにブログで、「ティパサでの結婚」(2014.01.08~2014.01.14)と「ジェミラの風」(2015.09.03~2015.09.15)を翻訳して紹介した。今回からはしばらく、三篇目の「アルジェの夏」を訳して紹介したい。カミュはアルジェリアの街オランで生まれ、首都のアルジェでジャーナリストとして文筆活動をはじめた。アルジェは彼にとって思い出多い街である。

 アルジェの夏

 人びとがひとつの街と分かちあう愛、それは多くの場合、秘められた愛だ。パリ、プラハ、あるいはフィレンツェでさえ、都市はそれ自身の上に閉じられていて、そこに固有の世界を限っている。だがアルジェは、海に面した他の街と同様に、口あるいは傷口のように空に向かって開かれている。アルジェで人が愛することが出来るのは、それによって皆が生きているものだ。すなわち、どの曲がり角からも見える海、太陽の一種の重み、人種の美しさだ。そして、いつものように、あの破廉恥さとあの饗応のなかで、一層ひそかな香りにまた出会う。パリでは、人は空間と羽ばたきに郷愁を抱くことがある。ここでは、少なくとも男は十分に満足し、その欲望を保証されているから、自分の豊かさを控えることができる。
 自然の富の過剰が、どんな無味乾燥をもたらすかを理解するには、アルジェで長く生活する必要がある。ここには学んだり、修養を積んだり、向上しようと思うようなものはなに一つない。この国には教訓がない。なにも約束せず、なにかを垣間見せるということがない。それは与えること、しかもふんだんに与えることで満足する。この国ではすべてが目にゆだねられており、人びとはそれを楽しんだ瞬間から、このことを知るのだ。この快楽につける薬はなく、この国の歓喜は希望のないままだ。この国が要求するのは、ものを明晰に見る魂であり、だから慰めはない。この国は人びとが信仰に関わる行為をするときのように、明確な行為をすることを要求する。ここは、この土地が養っている人びとに、素晴らしさと同時に悲惨さを与える奇妙な国だ! この国の敏感な人たちには官能の豊かさが備わっていて、それが極端な貧困と一致しているが、それは驚くには当たらない。苦さの伴わない真実などありはしない。そうだとすれば、私がこの国の顔を、もっとも貧しい人びとの境遇のなかでした愛せないからといって、なぜ驚くことがあろう?
 人びとはここでは、青春のあいだ、彼らの美しさに応じた生を見いたす。そしてその後は、下降と忘却だ。彼らは肉体に賭けたのだが、それはやがては失われることも分かって。アルジェでは、若くて溌剌とした者にとっては、すべてが避難場所であり、勝利への口実だ。港、太陽、真っ赤な頬、海に向ったテラスの白さ、花、スタジアム、新鮮な脚をした娘たち。しかし青春を失った者には、すがりつくものは何もなく、憂鬱がそれ自身から己を救い出せる場所はどこにもない。だが他所では、イタリアのテラス、ヨーロッパの僧院、プロバンスの丘の姿といった、人間が自己の人間性から逃れ、甘美な想いで、自己を解放することが出来る場所が沢山ある。だがここでは、すべてが孤独と若者たちの血を要求している。死にゆくゲーテはもっと光をと言い、これは歴史的な言葉となった。ベルクールやバブ=エル=ウエドでは、カフェの奥に座った老人たちは、髪をテカテカにした若者たちの自慢話に耳をかたむける。
 こうした始まりと終わり、それをアルジェで私たちにゆだねるのは夏だ。夏の数カ月間、街は人気がなくなる。だが貧しい人たちと空は、ここにと留まっている。私たちは貧しい人たちと一緒に、港や男にとっての宝物の方へと降りていく。それは温んだ水と、女たちの褐色の身体だ。夕暮れどき、こうした富に満たされて、その生活を飾るすべてである蝋引きの布と、石油ランプのもとへ戻ってくる。(続)
[PR]
by monsieurk | 2016-01-29 22:30 | 芸術 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://monsieurk.exblog.jp/tb/22793552
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2016-02-05 19:08
タイトル : ボッティチェリの初期から晩年までの画風の変遷と魅力
ウフィツィ美術館展Uffizi Gallery & Sandro Botticelli  東京都美術館で、初めてのウフィツィ美術館展が開かれました。フィツィ美術館に所蔵されている作品に加え、アカデミア美術館、パラティーナ美術館、捨て子養育院美術館などフィレンツェを代表する美術館からの作品が展示されていました。その中でボッティチェリの作品を追って、彼の作品の変遷と魅力をレポートしてみました。... more
line

フランスのこと、本のこと、etc. 思い付くままに。


by monsieurk
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31