ムッシュKの日々の便り

monsieurk.exblog.jp ブログトップ

アルベール・カミュ「アルジェの夏」Ⅲ

 ただ街のもう一方の端では、すでに夏は、私たちにすでに、これとは対照的な別の富をもたらしている。私が言いたいのは、沈黙と倦怠のことだ。こうした沈黙は、それが影から生まれるか、それとも太陽から生まれるかで、その質は同じではない。総督府の広場には真昼の沈黙がある。広場の周囲に立つ木陰では、アラブ人たちが、花の香のする冷たいレモネードを5スーで売っている。「冷たいよ、冷たいよ」という彼らの呼び声が、人気のない広場を渡っていく。その叫び声のあとでは、ふたたび沈黙が太陽のもとに落ちてくる。物売りの水差しのなかで、氷が裏返り、そのかすかな音が私の耳に聞こえる。シエスタの沈黙がある。海軍省の通りの垢じみた理髪店の前では、穴の開いた葦のカーテンの背後では、蝿がたてるメロディーをもったうなり声で、沈黙の深さを計ることができる。他方、カスバのモール人のカフェで沈黙しているのは肉体だ。肉体はこうした場所から離れることができず、お茶のコップを手離すことも、自分の血がたてる音で時間をまた見出すもできない。そしてとりわけ夏の夕方の沈黙がある。
 昼が夜に移りゆくほんの短い一瞬、私のなかのアルジェが、この点に結びつくには、隠れた徴と呼びかけに、満たされる必要があるのだろうか? この国をしばらく離れていた間、私はこの国の夕暮れを、幸福の約束のように思い描いた。街を見下ろす丘には、乳香やオリーヴの木のなかに、幾筋も道がある。そして私の心が戻っていくのは、これらの道だ。私はそこで、緑の地平線上を黒い鳥の群れが空へ飛んでいくのを目にする。太陽が急に消えた空では、何かが和らぐ。茜色の雲の小さな群れが引き伸ばされ、大気へ溶け込んでいく。その直後、最初の星が現れ、人びとはそれが形をつくり、厚さを増す空のなかで固まっていくのを眺める。そして突然、貪婪な夜がやってくる。アルジェの束の間の夕暮れ。私の心にこれほど多くのものを解き放つものが、他に何があるだろうか? 夕暮れが私の唇に残す甘美な味わい、それは飽きる間もなく、夜のなかへ消えてしまう。これが持続する秘密なのだろうか? この国の優しさは気を動転させ、それでいて密やかなのだ。それがあるだけで、少なくとも心は、すべてをそれにゆだねてしまう。パドヴァニの浜辺では、毎日ダンスホールが開いている。横に長く、海に向かって開かれた巨大な長方形のホールでは、この界隈の貧しい若者たちが夕方まで踊っている。しばしば、私はそこで奇妙な一刻を待った。日中、ホールは斜めに張り出した木の庇で保護されている。太陽が沈むと、それが引き上げられる。するとホールは、空と海の両方の貝殻から生まれた、不思議な緑の光でみたされる。窓から離れて座っていると空しか見えない。そのなかを中国の影絵のように、踊っている人たちの顔が次々に通り過ぎていく。ときおりワルツが奏でられる。すると緑色を背景にして、黒い横顔が執拗に回転する。まるで蓄音機のターンテーブルに固定された、切り抜きのシルエットのようだ。次いですぐに夜が来る。それとともに、灯りがともされる。だがこの微妙な瞬間に、私が感じる興奮と微妙な想いをなんと表現したらいいだろう。私は少なくとも、午後のあいだ、踊り続けた背の高い素敵な娘のことを思い出している。彼女は身体にぴったりとした青い服を着て、ジャスミンの首輪をしていた。そして汗が服の腰から脚までを濡らしていた。彼女は踊りながら笑い、頭をのけぞらせた。彼女がテーブルのわきを通るとき、花と肉の混じった匂いを残していった。夕暮れがやって来た。ぴったり相手にくっついた彼女の身体はもう見えなかった。でも空では、白いジャスミンと黒い髪が、染みのように交互にまわっていた。そして、彼女がふくらんだ喉を後ろにそらすと、彼女の笑い声が聞こえ、踊っている相手の横顔が急に屈みこむのが見えた。無垢について私がつくりあげた観念は、こうした夕べから得たものだった。そして激しさを負った彼らの存在を、その欲望が舞う空から決して引き離してはならないと悟った。(続)
[PR]
by monsieurk | 2016-02-04 22:30 | 芸術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monsieurk.exblog.jp/tb/22804570
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

フランスのこと、本のこと、etc. 思い付くままに。


by monsieurk
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31