ムッシュKの日々の便り

monsieurk.exblog.jp ブログトップ

男と女――第三部(5)

 金子はジャワやマレー半島で出会い、あるいは見かけた女たちの身の上にじっと眼を注いだ。後の『女たちへのエレジー』の幾篇かは、こうした眼差しのなかから生まれた。

 「女への辯」d0238372_5152636.jpg 

 女のいふことばは、
いかなあることもゆるすべし。
女のしでかしたあやまちに
さまで心をさゆるなかれ。

 女のうそ、女の気まぐれ、放埓は
女の着物の花どりのやうに
それはみな、女のあやなれば、
ほめはやしつつながむべきもの。

盗むとも、欺くとも、咎めるな。
ひと目をぬすんで、女たちが
他の男としのびあふとも、妬んだり
面子をふり廻したりすることなかれ。

いつ、いかなる場合にも寛容なれ。
心ゆたかなれ、女こそは花。
だが、愛のすべしらぬ偽りの女、
その女だけは蔑め。それは女であつて女でないものだ。

 この女性にたいする哀切な思いが籠められた唄は、直接はパリへ去った森三千代を念頭にうたわれているが、その背後には、女性全般とりわけ東南アジアの各地で出会った女たちがいるのは間違いない。(続)
[PR]
by monsieurk | 2016-05-28 22:30 | 芸術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monsieurk.exblog.jp/tb/23141329
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

フランスのこと、本のこと、etc. 思い付くままに。


by monsieurk
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31