フランスのこと、本のこと、etc. 思い付くままに。


by monsieurk
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

男と女――第六部(20)

 鮫

   一

海のうはっつらで鮫が、
ごろりごろりと転がってゐる。

鮫は、動かない。

それに、ひとりでに位置がゆづって並んだり、
 ぶっちがひになったり、
又は、渺かなむかうへうすぼんやり
気球のやうに浮上ったり、

どこまでもひょろけた背のたゝない、
竹のやうに青い、だが、どんよりくらい、
 塩辛い・・・眩(くら)りとする鹹水(かんすい)へ
石塊の塡(うずま)った、どぎどぎした空罐が、
かるがると、水にもまれておちてゆく。

鮫はかぶりつかない。
お腹がいっぱいなのだ。

奴(やっこ)たちの腹のなかには、食(は)みでる程人間がつまってゐるのだ。
切口の熟れはじけた片腕や、
もりっと喰取ってきた股から下や、
小枕びやうな胴体が。

鮫はもう、「何も要らねえ」と、眼を細くして、
 うっとりうとりしてゐるのだ。

 これが長編詩「鮫」の書き出しである。
[PR]
トラックバックURL : http://monsieurk.exblog.jp/tb/23598479
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by monsieurk | 2016-11-05 22:30 | 芸術 | Trackback | Comments(0)