フランスのこと、本のこと、etc. 思い付くままに。


by monsieurk
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

男と女――第七部(17)

 ハノイ

 散文作家として修練をつんだ三千代は、仏印旅行の間、克明なメモを取り、それをもとにして『晴れ渡る仏印』と題した旅行記を刊行した。奥付には、昭和十七年八月十日初版印刷、同十五日発売 初版三〇〇〇部 定価壱円六拾銭 発行者 藤岡孫市、東京市新橋四丁目四十六番地に室戸書房とある。アンコール・ワットの石塔を描いた表紙の本は、縦十七・五センチ、十二センチの大きさである。
 冒頭の「空路安南へ」は、次のように書き出されている。以下、新字新仮名に直して引用する。
 「羽田飛行場から二昼夜の空旅で、日本時間の四時半、ハノイ時間の二時半に仏領印度支那の首都ハノイのヂアム飛行場に、私は着いた。
 子供の時、よく、這っている虫を捕えて別なところへうつし、その虫が自分のいる場所を見定めようとしてくるくるまわっているのを眺めて面白がっていたことがあった。私はいま、それを思い出した。突然私を違った環境に運んできた何者かが、じっとどこかで眺めてたのしんでいるのではないかという気がした。
 すべては異っていた。一昨日までの生活が、嘘のようだった。厳寒の東京が二昼夜のあいだに、爽涼さとけだるさのいりまじった、ほどけてゆくような気候に変っていた。
 ハノイは静かな街だ。戦争の外に置き忘られたような静けさに私はまず驚いた。支那、ビルマ、馬来、ジャバと四方を戦争にとりまかれながら。そこだけ不思議な平和を保ってエア・ポケットになっていた。」(「空路安南へ」、『晴れ渡る仏印』)
 金子と三千代はこれまでの旅では、日本人や現地人が経営する旅館に泊まるのが常だったが、今回は公の役目を帯びていたから、ハノイ大使府の小川総領事の世話で、フランス人街のポール・ペール通り近くのスプランディッド・ホテル宿泊することになった。すぐ近くには安南人(当時ヴェトナムはアンナン、ヴェトナム人はアンナン人と呼ばれていた)やインド人の繁華街があり、散歩の途中で現地の人たちの日常生活を見ることができた。
 「紅河(ソンコイ)(ハノイ市の東を流れる、その名の通り赭い色をした大河)の河沿いの野天の市場には、女達の菅笠が茸の集りのように見える。彼女等は一様に恁茶(クナウ)染めの、裾が四つに切れた筒っぽの上着(アオ・トウ・タン)を着て、黒いだぶだぶの股引(グアン)を穿き、眼のくぼんだ菱形の顔をして、笊を前にしゃがんで、臭菜や、バナナや、川魚や、田螺などを売っている。」(「第一印象」)
 三千代の観察は行き届き、表現は的確である。
 ハノイは商業都市サイゴン(現ホーチミン)に対して、仏印の政治と文化の中心で総督官邸が置かれ、各種の学校や東洋文化の研究機関である極東学院やパストゥール研究所などがあった。極東学院は、密林に埋もれていたアンコール・ワットの大遺跡を掘り出した功績など、インドシナの文化研究で多大な功績を誇っていた。
 ハノイ到着後間もなく、総督府の文化局長シャルトンが、フランス人や安南人の文学関係者を集めて歓迎会を開いてくれた。三千代はその席で、日本と仏印双方が自国の文学を紹介し理解しあうことで、人間的に触れ合うことで両国の親和を深めることになるだろうと話した。そして会合に出席していたフランス人のトリエール夫人や安南の女流作家テイン・テュ・ウォンなどと知り合った。三千代の印象では、日本は仏印で好感を持たれているようだった。
 この会合のあとで総督邸でドクー総督と会見したが、その折に総督から、「シャルトン氏から聞いたが、たいへん成功だったようですね」と言われ安堵した。
 「仏印の人々が日本を知り、日本語をおぼえようとする熱心さにおどろくくらいだ。それだけ彼等が日本に親しみ、日本に希望を持っていることがわかる。
 日本人が町へ買物にゆくと、商品をこれだけまけるから日本語を一言二言教えてくれという。(中略)しかし、一般の日本語熱が高いにもかかわらず、まだ、誰でもが簡単に習いに行けるという施設は出来ていない。日仏印共同防衛の実がますます上がっている今日、両国の理解や親交は一層深められなければならない。それには、彼地に日本語を普及させることは重要な仕事である。フランス人や安南人に対して日本をほんとうに理解させるために、日本の各部門の文化を紹介することがどんなに重大かということは、先達ての日本畫の展覧会や宝塚少女歌劇の成功をみてもうなづけることであった。」(「教育と日本語」)
 三千代は疲れることなく、精力的に行動した。日仏国際処理委員会文化部長シャバスや作家のマダム・ラクロンジュたちと知り合い、幾つかの学校を訪問した。その一つのハノイ印度支那女学校は、会合で会ったテイン・テュ・ワン夫人が校長をしていて、六歳から十四歳の女子生徒二千人ほどが、十八クラスに分かれて学んでいた。初等の二年間が義務教育で、六カ月は安南語で授業をするが、その後はフランス語を学び、フランス語で授業がされていた。ただ義務教育が行われるのはハノイとサイゴンだけで、安南全体では四割しかないという話だった。
 仏印は長らく中国の影響のもとで独特の家族制度や官僚制度を保っていたが、宗主国となったフランスは、こうした伝統をうちこわした。なかでもフランスが打ち込んだ大きな楔がフランス式教育の普及だった。漢字のかわりにフランス語を教え、現地の言葉であるヴェトナム語をローマ字化した。これは識字率を高める役をはたしたが、実際はそれまで村落に一つはあった寺子屋が廃止され、人びとが教育をうける機会が極端に減ったのが実態だった。
[PR]
トラックバックURL : http://monsieurk.exblog.jp/tb/23880995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by monsieurk | 2017-02-27 22:30 | 芸術 | Trackback | Comments(0)