ムッシュKの日々の便り

monsieurk.exblog.jp ブログトップ

男と女――第七部(22)

 アンコール・ワット

 サイゴンを朝六時に出発してアンコール・ワットに向けて出発したのは、三月になってからである。
 「近頃はガソリンの入手が非常に困難なので、サイゴンからアンコール・ワットまでの往復千三百キロの自動車旅は、よほどよい機会でもないと果されなかった。軍のトラックにお願して便乗させていたゞくつもりでいたがフランスのツーリスト・ビュローのハイヤーをサイゴンのA商会が斡旋してくれて、同行五人で出掛ける事になったわけだった。サイゴン大使府の佐藤領事からA商会に話があつたからだった。同行者は、芳澤大使の息子さん、A商会のI社員さん、軍属の人二人、それに私、五人とは、そうした顔ぶれである。
 時節柄手荷物は出来るだけ少なくして、小鞄一個づつだった。私は、水筒の水と、ボンボンを用意して来た。ボンボンを皆にまわして分けあつたり、水筒のなまぬるい水でのどをうるおしたりして、ほこりっぽい、のどのいらいらをしづめた。」(「アンコール・ワットへの道」)
 出発して五時間、メコン川の渡しにさしかかった。雨季には氾濫する大川に橋はなく、人も車も船橋にのせて川をわたす。その船橋は発動機船が引っ張って行くのだが、燃料は薪で、両岸に薪が一杯積み上げられていた。カンボジア人の労働者が薪を船に積み込むのに時間がかかり、その間、肌は太陽に焼かれ、汗が絶え間なくふきだしてきた。ようやく川を渡ると、やがてコンポン・チャムの街にはいった。
 ここは緑の芝生や美しい花壇に囲まれた、フランス風の卵黄色に塗られた瀟洒な家並が続く、清潔で閑散とした街だった。ちょうど午睡の時間で人通りもまれだった。
 街中のホテルに車を乗りつけて遅い昼食をとった。太ったマダムが出してくれたフランス料理は、思いがけず美味しかった。ここでガソリンを調達し、コンポン・トムを経て、サイゴンからおよそ十二時間でアンコール・ワットの遺跡の門前町シェムレアプに到着した。かつてピエール・ロチはメコン川のジャングルを遡り、サイゴンから五日かかった道のりを、坦々としたアスファルトの道を車を走らせて、十二時間で着くことができた。
 「シェムレアプは、森の中の静かな町だ。
 まったくフランス風なホテル・グランドで一泊した翌朝、いよいよ待望のアンコール見物をすることになった。前の晩、ホテルのテラスから、ジャングルを越えて菫色に五つの塔を夕闇の中に望見した。金色の星さえきらめき出してそれは、なにか神秘な宝石箱が、遠くかすんだ真盛りの花盛のように思われた。
 数年前、私は、巴里に居た頃、ヴァンサンヌ〔ママ〕公園で開催された植民博覧会を見に行った。植民博覧会のみものは、アンコール・ワットの原寸大の一部の模型だった。コンクリでつくった浮彫りの型が、まだ一部分出来上らずに、草のなかに投げ出されてあった。ほこりっぽい博覧会場の空高く、その夢のような石の宮殿が浮上っているのを見て、生涯に一度は、アンコールを訪ねてみたいという、あこがれに似た願望にかられたものだった。(中略)
 胸をときめかすアンコールの五つの塔が、朝日に染まって、行手の空に乗り出しながら、こちらへ向って近づいてくるように見える。それは、大きな牡竹筒に似た形をしている。この五の塔の建物は、即ちアンコール・ワットで、このアンコールの廃墟のうちで、いちばん構成の整った一画である。」(「アンコールを見る」)
 三千代はハノイを発つ前に、観光局長のラクロンジュからアンコール遺跡保存局長セデス宛ての紹介の名刺をもらってきていたが、早朝のことであり、彼を煩わすことなく、フランス語と英語ができるという利口そうなカンボジア少年を案内に雇って遺跡を見てまわった。
アンコール・ワットもアンコール・トムも、その他の散在する多くの石の建造物も、かつて大森林の侵蝕をうけて森林の中に埋もれていた。これを植物の下から掘り出したのはフランスの極東学院の仕事で、フランスが誇るに足りる業績だった。植物の生育する力は想像を絶していて、いまでもしばらく放置すると、堂塔伽藍はたちまち森林に埋もれてしまい、絶えず手入れをしなくてはならない。三千代は金子とともにジャバのボルブドールの石の曼荼羅を見たことがあったが、結構の雄大さにおいて、アンコール・ワットは遙かにそれをしのいでいた。
[PR]
by monsieurk | 2017-03-14 22:30 | 芸術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monsieurk.exblog.jp/tb/23969564
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

フランスのこと、本のこと、etc. 思い付くままに。


by monsieurk
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31