ムッシュKの日々の便り

monsieurk.exblog.jp ブログトップ

男と女――第七部(24)

 もう一つの詩篇「アンコール・トム(Angkor Thom)」――

その感覚を失うほど
長い時間の微笑みで!

恋、嫉妬、そして歎きを経めぐったあと
最後に帰ってくる微笑みで、

破滅のあとでさえ
青空に幻影のようなもの残すその微笑みで。

巨大で、複雑な、世界の終りの
名残を残すその微笑みで。

雷鳴のようなその微笑みで、
大嵐のときの微笑みで、
永遠に凍りついたかのようなその微笑みで、
おお! アンコール・トム! お前は私の生をそっくり虜にする。 

 パリで原寸大の模型を見て以来、待望だったアンコール・ワットを見学した感激は大きかった。五つの塔をバックにして、篝火の光のもとで、蛇の姿態をとりいれたという幽玄な踊りを見られたのも幸運だった。『晴れ渡る仏印』の口絵写真には、アンコール・ワットの遺跡の前で、真っ白な服を着てポーズをとる三千代が写っている。
 三千代たち一行は、翌日コンポン・トムを経てプノンペンへ向った。メコンデルタの平野がひらけ、床の高いカンボジアの家が散らばっている場所をすぎ、やがてメコンの支流を横切って、午後にはプノンペンへ着いた。ホテルは緑陰の蔭が深い街中のル・ロワヤルだった。
 到着早々、翌日の王宮見学のために、日本軍司令部へ許可をもらいに行った。そして夕食前に、ヴァー・プノンのあるペン塔を訪れ、高みからプノンペンの街を眺めた。
 ハノイもサイゴンも大きな並木のある緑濃い街だが、プノンペンの並木はそれよりもずっと大きく野性的だった。翌日は朝から王宮や銀寺などを見学し、二日間滞在したあとハノイに戻った。帰りの途中の街で売っていた豹の仔を、アダチ商会の小泉から贈られたが、二、三日で死んでしまった。
 残りのハノイ滞在中は演劇をいくつか観たほかに、ほとんど毎日のように小湖のほとりを散策した。ここには別名「翡翠の寺」と呼ばれる玉山寺があり、湖の水の青さが翡翠に似ていた。
 「時には考えごとをしながら、時には思うことなく、その時々の心境で湖畔の風情を味わいながら行きかえりしたものだった。そんな散策のある日こんな詩を書いた。

   「翡翠の寺(La pagode MÔT CÔT)」

  小湖(プティラック)は
  ハノイの眼。
  とりすました美女のまなざし。
  その眼のなかに
  一つの答を求めて
  わたしはさまよう。
  
  足の下に逃げまどう
  落葉。
  噴水のような
  梢の芽生え。
  春と秋ろの一時にくる
  この不思議な季節の交錯のように
  世紀の思想と感情がもつれあって
  私の心はほどけにくく
  私の歩みは行き悩む。
  疑うことが愛なのか。
  苦しむことが愛なのか。
  
  よそよそしげな水のおもて
  蛇神の伝説を秘めた
  翡翠の寺が
  白衣の老巫女のように
  そら耳をして立つ。」(「仏印古蹟めぐり」)
  
 のちに日本語で書いたこの詩をフランス語に訳し、「LA PAGODE DE MÔT CÔT」と題して、詩集『POĒSIES INDOCHINOISES』に収録した。
[PR]
by monsieurk | 2017-03-20 22:30 | 芸術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monsieurk.exblog.jp/tb/23988349
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

フランスのこと、本のこと、etc. 思い付くままに。


by monsieurk
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31