ムッシュKの日々の便り

monsieurk.exblog.jp ブログトップ

男と女――第七部(25)

 四月、三千代はハノイからハイフォンへ行き、そこから汽船に乗って帰国の途についた。希望した昭南島(シンガポール)行きは果たせずじまいだった。
 危なっかしい飛行機をさけて帰途は船にしたのだが、台湾から瀬戸内海にかけて日夜アメリカの潜水艦が出没して、日本の商船や客船が沈没されていた。金子は外務省に日参して三千代が乗った船の名前を教えてもらい、中学生の乾と女中を置いて神戸に向かった。関西勤務になっていた義弟の菊地克己と一緒に、神戸のオリエンタルホテルの一室で、船の入港をやきもきしながら待った。このころにはアメリカの潜水艦が瀬戸内海にも姿をみせ、三千代の乗船した船が瀬戸内海に入ったという知らせを船舶会社から受け取ったが、安心はできなかった。事実、船はアメリカの潜水艦につけ狙われながら、ようやく四月十二日に神戸港に入港した。
 埠頭では金子と菊地克己が出迎えた。はしけに乗った、元気で逞しい三千代の姿が見えると、菊地がしゃくりあげて泣いた。金子にしても丸三カ月ぶりに見る彼女の姿だった。
 「おどろいた事は、ホテルの僕の宿に、身柄とともに買ってきた三つの大包みと、竹の笊に入れた土産物の物資で、すでにその頃の日本では、ざらに手に入らない布地や、珈琲豆、銀製品、砂糖、蓮の実の砂糖漬、その他、さまざまな品が床にひろげられた。(中略)そのうえ、うまれてまだ何ケ月もたたぬ豹の児を二匹、お土産にもらったりした。が、豹の児は、プノンペンの宿で飼いならした山猫に噛み殺されてしまった。それにそんなものを日本へもってかえっても、食べさせる肉などなく、その上育って大きくなれば、飼う場所もない。などと、話してもつきない土産話に花を咲かせた。」(「来迎の冨士」、『鳥は巣に』)
 帰国した三千代は精力的に執筆を再開した。三カ月の仏印旅行の体験で、書くべきことは沢山あった。発表順にあげてみると、帰国後一カ月足らずで、まず「安南」が「中央公論」五月号に掲載された。以下、「仏印の文学」(「新潮」、六月号)、「日本の花」(「文芸」、六月号)、「アンコール・ワットへの道」(「海」、大阪商船戦株式会社、六月号)、「安南皇帝」(「読売新聞」六月三日号)、「仏印の文筆家たち」(同五日号)、「仏印古蹟めぐり」(「むらさき」六月号から八月号、三回連載)、「コーロワ悲曲」、(「国際文化」、第二十号、七月号)、「仏印雑話」(「興亜」、七月号)、「アンコールを見る」(「南洋経済研究」、八月号)、「仏印の子供たち」(「国語の力」十月号)である。
 これらをまとめた上で、タイトルも一部変えて単行本としたのが『晴れ渡る仏印』(室戸書房)である。収録された作品は、「晴れ渡る仏印」、「仏印の黎明」、「仏印の文学」、「安南芝居」、「『金の亀物語』」、「『南郊の祭』」、「安南家庭を訪ねる」、「寶石氏の食卓」、「仏印の若い女達」、「日本色の安南」、「ハノイの学校」、「仏印の子供たち」、「仏印雑話」、「仏印古跡めぐり」、「アンコール・ワットへの道」、「アンコールを見る」、「カンボヂヤの都」であった。
[PR]
by monsieurk | 2017-03-23 22:30 | 芸術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monsieurk.exblog.jp/tb/24003107
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

フランスのこと、本のこと、etc. 思い付くままに。


by monsieurk
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31