ムッシュKの日々の便り

monsieurk.exblog.jp ブログトップ

男と女――第七部(27)

 二十六篇の冒頭は、「J'AI VU LA CHERE FRANCE PARTOUT(私はいたるところに親愛なフランスを見た)」で、そのフランス語の原文と訳を引用してみる。

 J'AI VU LA CHERE FRANCE PARTOUT

Dédié à S. E. Monsieur le Vice-amiral J. DECOUX,
Gouverneur Général de l'Indochine

D'un coin de la ville de Hanoï,
Je passe tout d'un coup dans une rue de Paris.
Partout respire
La chère France!

Des arbres des boulevards, des pavés même,
Je me souviens de tout.

Egalement des pots de fleurs sur les fenêtres et des stores rayés imprégnés de vos amours.

Partant de mon pays natal,
Je suis venue dans une pays natal,
Que vous avez apportée de France.

De l'odeur de votre pay natal,
Ne vous doutez vous pas que je sens mon pays natal !
Vos sentiments de nostalgie
Résonnent aussi à mon oreille avec leur harmonieuse mélodie.

J'appelle avec vous tous, d'une seule voix
La France et Paris,
Désirant rappeler la moitié de ma vie
Vécue là-bas.

Dans tous les coins de Hanoï,
Battent les cœur chaleureux.
Nous n'en sommes pas à notre première recontre.
Eh bein ! N'est-ce-pas que nous nous sommes déjà rencontrés en France?  

 「私はいたるところに親しいフランスを見た」

               インドシナ総督、海軍少将、J.ドクー氏に献ず

ハノイの街の一隅から、
私は突然パリの通りに出た。
いたるところに親しいフランスが
息づいている!

大通りの樹木も、舗道の敷石さえも、
みな憶えている。
窓辺の花の鉢、あなた方の愛が染み込んだ縞模様の日除けも。

私は祖国を発って、
もう一つの祖国へやって来た。
あなた方がフランスから持ってきた
祖国の匂いのなかで生きるために。

あなた方の祖国の匂いから、
私が自分の祖国を感じるのを疑わないでほしい!
あなた方の郷愁は、私の耳にも
調和あるメロディーを響かせる。

あなた方みなと声を合せて
フランスとパリを呼ぶ、
彼の地で過ごした
私の半生を呼び戻したいと望みつつ。

ハノイの隅々で、
熱い心が鼓動している。
私たちはここで初めて出会ったのではない、
だって! 私たちはもうフランスで会ったではありませんか!
[PR]
by monsieurk | 2017-03-29 22:30 | 芸術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monsieurk.exblog.jp/tb/24026166
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

フランスのこと、本のこと、etc. 思い付くままに。


by monsieurk
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31