ムッシュKの日々の便り

monsieurk.exblog.jp ブログトップ

男と女――第八部(6)

 この年の八月、彼女が以前「婦人画報」に載せた「嘘みたいだ」が、文学報国会発行の『辻小説集』(八紘社杉山書店)に再掲された。この短編集には二百七名が執筆していて、三千代の作品は十行ほどのもので、仏印へ向かう飛行機から、香港上空で目撃した情景を伝えるものである。
 「(前略)十年後、昭和十七年一月十五日、陥落直後の香港の空を翔びながら私は、おやと眼をこすった。真青な海面に檣だけ突出たり赤腹を返したりして沈んでいる。あの英国の船共だ。そっくり置換った日章旗の船。嘘みたいだ。私は佐藤〔英麿〕に手紙で知らせてやりたい。――因業な家主のいない香港は、住みいゝ所になりました。南方の港はみなそうなりますよ。ああそれには、たくさんの、たくさんの、日章旗を立てた船が必要ですよ。」
 そして十月に出された『辻馬車』には、詩「ふねをつくれ」を寄稿した。
  
「ふねをつくれ ふねをつくれ。
うなり出す無数の蜂をのせて海に浮く鋼鉄の巣。航空母艦。それは一隻でも多い方がいゝ
 のだ。
幻の整列。たちまち海を白泡にし 聖なる憤りで空と海を引つ裂く。天から降りて来た艦 
 隊。戦艦。駆逐艦。水雷艇。それは一隻でも多い方がいゝのだ。
新鮮な果物をいっぱい盛った果物皿のやうな満腹の輸送船は、往き かへり 擦れちがふ。
 それは一隻でも多い方がいゝのだ。
ふねをつくれ ふねをつくれ。」
 
 これは当時世間で叫ばれたスローガン、「戦艦献納愛国運動」に乗ったもので、三千代の文章はまさに文学報国会の方針に沿うものだった。このときのアンソロジー『辻詩集』に収録されたのは二百八篇で、すべてが戦争詩だった。詩部会の会員三百三十九名のうちの三分の二が寄稿したことになる。しかし金子光晴の名前はそこにはなかった。
[PR]
by monsieurk | 2017-04-27 22:30 | 芸術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monsieurk.exblog.jp/tb/24119639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

フランスのこと、本のこと、etc. 思い付くままに。


by monsieurk
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31