フランスのこと、本のこと、etc. 思い付くままに。


by monsieurk
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

男と女――第九部(3)

 四月十八日には最初の米軍機が、東京、名古屋、神戸に飛来した。その二日後の二十日、乾が徴兵検査を受けることになった。戦局の悪化で、徴兵年齢が一年繰り下げられたためであった。この日金子は、吉祥寺から本籍のある牛込区役所の検査場まで乾について行った。
 不摂生な生活に精神的な煩悶が加わって、乾の健康は極度に悪かったが、結果は第二乙種合格だった。その下の丙種も合格で、不合格は丁種だけだったが、これは身体に障害があるものか、重度の結核患者くらいだった。これで乾に遠からず召集の赤紙が届くことが確実になった。
 金子は五月五日の節句の日に、詩「さくら」を書いた。

    *
戦争がはじまってから男たちは、放蕩ものが生まれかはつたやうに戻つてきた。
敷島のやまとごころへ。

あの弱弱しい女たちは、軍神の母、銃後の妻。

日本はさくらのまつ盛り。

    *
さくらよ。
だまされるな。

あすのたくはえなしといふ
さくらよ。忘れても、
世の俗説にのせられて
烈女節婦となるなかれ。
ちり際よしとおだてられて、
女のほこり、女のよろこびを、
かなぐりすてることなかれ、
バケツやはし子〔梯子〕をもつなかれ。
きたないもんぺをはくなかれ。(「さくら」の第二連冒頭と最終連)

 詩にうたわれているように、女たちはもんぺ姿、男は国民服にゲートル、それに座布団をほぐしてつくった防空頭巾をかぶって防空演習に参加した。働き盛りの男はみな徴兵されていたから、近隣の防空演習の団長は退役した海軍大佐で、副団長には金子が推挙された。
 多くの家が雨戸を閉めて疎開していったが、東京に残って人たちは庭に防空壕を掘った。金子もご多分に漏れず、門口のコンクリートを張った下に、大きな穴を掘って防空壕にしようとしたが、いざというときに役にたつかどうか覚束なかった。
 六月十五日、マミアナ群島のサイパンが陥落して守備隊三万人が玉砕し、住民一万人が死んだ。翌十六日には中国の成都から飛び立ったB29が飛来して、北九州の八幡製鉄所を爆撃した。中国大陸からでは航続距離が北九州が限界だった。アメリカ軍はその後占領した南洋諸島で滑走路の建設をいそぎ、ここを足場に日本全土を空爆するようになる。
 六月十九日にはマミアナ沖海戦で海軍は航空母艦と航空機の大半を失った。大本営はインパール作戦の失敗を認め、作戦の中止を命令した。この作戦に参加した将兵十万人のうち三万人が戦死、戦傷病者は四万五千人にのぼったが、国民には知らされなかった。
[PR]
トラックバックURL : http://monsieurk.exblog.jp/tb/24166609
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by monsieurk | 2017-05-12 22:30 | 芸術 | Trackback | Comments(0)