ムッシュKの日々の便り

monsieurk.exblog.jp ブログトップ

男と女――第九部(12)

 雪に閉ざされて朝から晩まで、炬燵に入って顔をつきあわせている暮らしは、金子にとっては、これまでになく心休まるものであった。その気持が溢れているのが「三点」の一篇である。

  三点

父とチヤコとボコは
三つの点だ。
この三点を通る円で
三人は一緒にあそぶ。

三点はどんなに離れてゐても
やがてめぐりあふ。
三人はどれほどちがってゐても
それゆえにこそ、わかりあふ

危いバランスの父とチヤコを
安定させるのはボコの一点だ。
異邦のさすらひは
ボコにはなれてゐる悲しさ。

父とチヤコのこゝろは
すさみはてた。
長江の夕闇ぞらの
まよひ鶏の声をきゝながら
星州坡(シンガポール)の宿で、
枕を並べて病みながら、
トラウピルのマンサルで
水ばかりのんでしのぎながら

父はチヤコをうらふと
たくらみ、
チヤコは父から逃れんと
うらはらな心でゐた。

だが、一万里へだてた
遠いボコの一点が許さなかつた。
三点をつなぐ大きな円は
地球いつぱいにひろがつた。

ニツパ椰子の葉をわたる
夜半のしぐれのなかに
父は、ボコの声をきいた。
それはバツパハの河口の泊(とまり)。

ケイ・フラマンの鎧扉の内で
チヤコは、ボコの夢をみた。
悪夢のやうな夜の船出で、
まつしぐらにチヤコはかへりついた。

三つの点はちゞまつてゆき、
ぢれぢれと待焦れつゝ
やがてしまひこまれた。
小さな一家のなかに。

父は毎日、本をよみ、
チヤコは原稿にむかひ、
ボコは背丈がのぎていつた。
三点を通ふ円は、―― 愛

この運命的なつながりを
世俗よ。
ふみあらすな。

戦争よ。
破砕(くだ)くな。
年月よ。
もつてゆくな。

父とチヤコとボコは
三つの点だ。
この三点を通る
三人は一緒にあそぶ。

チャコよ。私たちはもう
もう一つの点、ボコを見失ふまい。
星は軌道を失ひ、
我々はばらばらになるから。
三本の蝋燭の
一つも消やすまい。
からだをもつて互いに
風をまもらふ。

 貧困のどん底で、三千代を金をとって、知人に渡すことまで考えた放浪生活、その間は乾を三千代の両親にあずけて淋しい思いをさせた暮らしの軌跡。そして戦時勃発後は、家族三人の絆を強めて、戦争の狂奔する世間背をむけつつ、戦争に対峙しようとする金子の姿勢が率直に吐露された詩である。
[PR]
by monsieurk | 2017-06-08 22:30 | 芸術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://monsieurk.exblog.jp/tb/24378294
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

フランスのこと、本のこと、etc. 思い付くままに。


by monsieurk
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31