フランスのこと、本のこと、etc. 思い付くままに。


by monsieurk
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

男と女――第九部(14)

 平野村の上空にも毎日のようにB29の編隊が飛来した。富士山を目標に飛んできて、ここで東西に別れて日本各地を空襲した。三月十四日には大阪が空襲されて十三万戸が焼失した。三千代は三月二十日の日記にこう書いた。
 「三月廿日
 薄曇り。屋根の雪がとけて雨だれの音を立てゝゐる。
 朝から警報が二度鳴り、敵機が頭の上をいく。今日は相当大きいらしい。
 一昨日は九州へ千機の艦載機、昨日は名古屋へ百余機。
 いまも富士颪にまじって敵機の轟音が連続的に聞こえてゐる。

 敵機低く影動かすや雪の青

 湖べりを半日めぐる春の泥」
 三日後の二十三日の日記には、「富士の裾野ははじめ右の方が長く、それからおなじになり今年は左が長くなった。湖(河口湖)は氷がとけて青い波を立てゝゐた。(中略)フランスの女と会って話す。コットさんの為になんか扶けにあるかもしれないと思ふ。女は立入らふとしない。淋しい気持で別れた」(森三千代「日記」第五帖)とあり、さらに二十六日(月)では、「主屋のおばあさんが来て、コットさんのことなど話す。」(同)と書いている。
 コットとは乾が学んだフランス語を学んだアテネ・フランセの創設者で校長でもあるジョゼフ・コットで、毎年の夏を平野村の農家の一部屋ですごす習慣だった。大柄な彼は七十一歳で、この年も夏になる前にやってきた。
 金子たち三人はフランス語が通ずることもあり、出掛けて行ってパリで暮らしたころの話などをすると、大いに喜んでくれた。ただ一、二カ月すると、コットは体調を崩し、河口湖畔にある河口病院に入院させることにした。そのためには入院願書を出す必要があったが、村の人たちは慎重で、保証人のなり手がなかった。そこで金子が署名、捺印し、コットは無事に入院することができて、戦争が終わるまで病院にとどまった。
 四月になると、少しでも食料を確保するために、三千代が先頭にたって家の前や裏山の空き荒地の開墾をはじめた。
 四月十八日。「切り倒した落葉松の横って〔ママ〕ゐる家の前の空地を耕作にかゝる。
 一抱えほどの火山岩をのけると蟻の巣だった。蟻は露はになった土の上を逃げまどふ。(中略)蟻の引越しの大騒ぎの中へ一鍬を打ち落すといふ残酷な興味が手伝ふ。
 塗りの箪笥や蝶貝の調度や長持や衣裳や大切なものをてんでにかついで逃げてゆく蟻の都のさまが手にとうやうにみえる。
 戦慄しながら我々は繁栄のあとのこはれた廃址を眺めたがるものだ。」(同)
 雪に閉ざされていた山中湖畔の土地も、四月になると雪解けがはじまった。戦時下でも自然は四季の歩みをやめなかった。辺りの木々も芽吹きはじめた。
 「平野村の落葉松はみんな芽を吹いた。玉レースのやうな緑色の新芽がいまは房の先のやうにひらきかゝってゐる。こぶしが白く花咲いた。こぶしの花の咲くのが種まき時のしらせだとおばあさんが語った。
 昨日の畑仕事でつかれたので今日は休み、みよや〔女中さん〕と若葉積み〔ママ〕にゆく。三ツ葉をみつけて、夕食のおしたしにした。かほり高く珍味。昼間に二度警報鳴る。一機飛行雲をひいて上を翔んでいった。」(同)
 金子も冬から春へと急速に歩みを進める湖畔の自然を楽しんだ。
 「五月になると、山の自然はうつくしさを増した。氷はとけはじめ、終夜嵐がさわいだ。水ぬるむ湖水の岸辺に、一尺鮒があみですくえるほど近くただよってきた。胡桃の花が散って早(さ)わさびが葉をひらいた。僕らは、一年の計をはじめて、裏山の荒地一反歩を開墾することにした。火山の溶岩流を蔽うて、すすきと茨が根を張っているので、一尺の開墾にも一日二日の激しい労力を必要とした。一家は汗だらけになって仕事をつづけた。蒔く種は、とうもろこしと、馬鈴薯だったが、この土地では、とうもろこしは一茎に一つしかならず、馬鈴薯は小粒の芋が四つ位しかできなかった。それも、折角の収穫近くに、豪雨につかって、芋はおおかたくさった。収穫のあとに、ソバをまいた。ソバの実のついた頃、富士嵐がきて、一たまりもなく細茎を折ってしまった。百姓の仕事は、労多くして効少く、さんたんたる結果に終った。」(金子光晴『詩人』)
[PR]
トラックバックURL : http://monsieurk.exblog.jp/tb/24460053
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by monsieurk | 2017-06-14 22:30 | 芸術 | Trackback | Comments(0)