ムッシュKの日々の便り

monsieurk.exblog.jp ブログトップ

2017年 06月 23日 ( 1 )

男と女――第九部(17)

敗戦

 体調が悪く東京にとどまっている須美が、六月十八日に亡くなったという知らせが届いた。
 「義母が死んだと言うので、僕は、そのあと始末をするつもりで上京してみると、もはや夏にかかろうという季節で、屍体を幾日も置いておくわけにはゆかないということで、となり組の秋月という、世話役の中年婦人が、どういう手蔓か、義母を焼いて骨になって、大きな骨壺に入って床の間に置いてあった。骨壺のふたをあけてみると、日頃大柄な人だったが、馬の骨のように大きな骨がいっぱい入っていた。」(『鳥は巣に』)
 幼くして養子となって以来、義母との関係は紆余曲折があっただけに、感慨もひとしをだった。金子はかなり重い骨壺を抱いて平野村に戻った。
これ以降の平野村での生活ぶりを三千代の日記を中心に追ってみることにする。
 「七月十八日
 しばらく日記を怠けてゐるうちに、世相は慌しく移り人々の上にもいろいろな変化があった。
 昨日で田舎のお盆がすんだ。
 ながいうっとうしい雨だった。雨もりになやんだ。毎夜の鼠さわぎ。(中略)十一日に捨子さん達が河口から移転して来た。
 この日の朝、村へ憲兵が米を調べに来たといふので大さわぎだった。(中略)今日七時のラジオの報導〔ママ〕を捨子さんが話しにきてくれた。
 今日は戦爆連合で五〇〇機が茨城、群馬、栃木方面を空爆。二五〇機が横須賀を襲った。昨夜十一時から一時間水戸市が艦砲射撃をうけた。
 昨夜ははじめてドロドロといふ爆音が聞え、障子や建具が振動した。そのあとドーンドーンといふ大砲らしい音が地ひびきして聞えた。それだったのだ。関東海域に機動部隊が来てゐるさうだ。この前北海道方面へ行ってゐたのがこっちへやって来たのだ。
 今日は朝から東海地区の海岸方面は空襲警報で、あとで聞くと昨夜は国府津、平塚が時限爆弾でやられたともいふ。」
 東京を離れて河口に疎開していた河野密、捨子夫妻が、最初の予定通り平野屋のもう一つの貸家にやってきた。河野は古株の議員だったし、議会は戦時でも開かれていたから、その度に上京しなければならなかった。金子は河野に、命がけで終戦を提案してみるように勧めた。すると隣の家から捨子が飛んできて、「兄さんは、うちの主人を殺すつもりか」と凄い剣幕で文句をいった。戦局は一段と厳しくなっていたが、空襲のない平野村では、毎年のような日常が続いていた。
 「七月二十三日
 村祭。
 ゆうべは宵宮で天満宮では今年おかぐらをかつぐのを若い衆が躍起となって主張してゐることをその朝聞いてゐたので、出掛けて景気をみようと思ひ立って外へ出たが、空にはおぼろ月があるのに時雨がやってきた。一寸考へて止めにした。(中略)
 本日十一時頃、警戒警報のサイレン聞こえる。一度消した電灯を光晴はすぐつけた。その途端に爆音らしい音が聞えてまた消した。爆音はつづけて鳴ったがそのあと静かになった。へんに近い爆音だった。電灯をつけるつけないで言い争ふ。
 灯火がもれていないか光晴が外へ出て見まわりにいってさかんに大丈夫だという。
 私も外へ出てみた。富士の方に稲光りがして雷鳴がとゞろいてゐるのだ。捨子さんが寝巻のまゝやって来た。甲府の時丁度こんなだった。稲光りのやうだったのは焼夷弾だった。でも若しさうなら空が赤い筈だといふ。しばらく暗やみの草の中で三人で様子をうかゞったが、やはりかみなりらしいといふことになった。
 寝つこうとすると今度は鼠がどこかをかじり出した。米の箱らしい。一騒動の後、やっとほんとうに眠る。」
 この夜の騒動のことだろうか、乾が「金鳳鳥」のなかで、こんな逸話を披露している。
 「夜中に例によってコタツで裕〔乾〕が読書していると、上空に編隊の轟音がきこえた。
 「敵の飛行機よ。電燈に風呂敷ぐらいかぶせなさいよ。敵の目標になるわ」
  と初美〔三千代〕が声をあげた。すると晴久〔光晴〕は、癇癪玉を破裂させてどなった。
 「そんなことどうでもいいじゃないか!」
 「そうだよ。どうせ死ぬんだもの、アメリカの飛行機に爆撃されて死んだほうがはるかに気持が助かる」
 と裕は父親の肩をもった。
 「いやよ、あたしそんな考えかた。それじゃ何のために疎開して、こんな苦労しているのかわからないじゃないの」
 初美にも晴久父子の言うことが理解できないわけではなかった。しかし感傷にふけってばかりはいられなかった。ともかく一日一日何とか生きてゆく以外ないし、そのためのこの苦労なのだからと思った。」(「金鳳鳥」)
 乾によると、珍しく激昂した金子が炬燵の上の台を拳で叩いた拍子に、乾が鉛筆を削るのに使った肥後守が開いたままになっていて、それで小指を深く切ってしまった。三千代が血止めの薬を塗って事なきを得たが、傷痕が残った。三千代も日記に、「夜、光晴小指を過って深く切る。手当に大さわぎする。深夜敵機の通過さかんなり」と記している。
[PR]
by monsieurk | 2017-06-23 22:30 | 芸術 | Trackback | Comments(0)
line

フランスのこと、本のこと、etc. 思い付くままに。


by monsieurk
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30