フランスのこと、本のこと、etc. 思い付くままに。


by monsieurk
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:フランス(美術)( 6 )

 「ルーヴル美術館のお尻の日」という記事を週刊誌「エクスプレス」の2013年11月13日-19日号で見つけた。筆者はアニック・コロナ=セザリ、写真撮影はベルトラン・デプレである。フランス語の記事は「エクスプレス」誌の電子版(http://www/lexpress.fr/culture/art/les-plus-belles-fesses-au-louvre/)でも読むことができる。
 コロナ=セザリ記者の見学体験記によれば、一般見学者が去った午後6時、ルーヴル美術館の入口であるガラスのピラミッドの団体入口で10数人の参加者とともに待っていると、案内人兼解説者のブリュノ・ド・ベックが現れた。ベックがこの夜、見学者たちを誘ったのは、「ルーヴル美術館で一番美しいお尻」を探して見てまわることだった。
 「見巧者」を自認する彼によれば、裸体は「ルイ15世様式の箪笥などより刺激的」だが、「視る喜びを呼び覚ます」には、視るための最適な角度を見つけなくてはならない。そこで見学者たちは、箸の先に、覗き穴をあけた三角形の厚紙をつけた道具をもたされる。この穴から片目で覗くと、絵や彫刻の全体像は捨象され、ある部分だけが切り取られて、そこに注意を集中することができる。さらに大理石やブロンズの彫刻や絵具で描かれたお尻は人間の肌へと変貌をとげる。「こうしてあなた方は戦慄が走るような視角を発見することができる」と、ベックは言う。
 この夜、見学者たちが先ず対面したのが、《モナ・リザ》へ行く手前の「ダリュの陳列室」に展示されている一群の大理石の古代彫刻だった。さらに進むと「ミケランジェロの陳列室」にバルトリーニの彫刻があり、普段なら一瞥して通りすぎる作品だが、彫刻の後ろにまわって、例の道具の覗き穴からお尻を眺めるとまるで違って見える。「ゴダールの映画『軽蔑』のなかで、ブリジット・バルドーがミシェル・ピコリに、《わたしのお尻、あなた好きでしょう? わたしのお尻》というが、誰がこれに異をとなえることができようか?」というわけである。
d0238372_14455553.jpg

 こうしてミロのヴィーナスなど古代ギリシャやローマの彫刻はもちろん、ミケランジェロ、写真で紹介したイタリア・ルネサンス期の巨匠ベルニーニの男性とも女性とも見える後ろ姿の彫刻、ドラクロワ、アングルなどの絵に描かれたお尻を眺めると、正面から見ていたときの作品、とりわけ人間のお尻の美しさを再発見することになる。ブリュノ・ド・ベックがこのツアーを企画した意図は、まさしく常識の目を取り払うことで新鮮な美を発見することなのである。
 ベックは1958年生まれで、ものを観察することが好きな少年だった。そんな彼は1994年に観光省の正式ガイドの免許を取得している。今年2013年9月には、『ルーヴルの一番美しいお尻(Les Plus Belles Fesses du Louvre)』(Séguier)を出版した。もっとも彼のガイドは「ルーヴルのお尻」だけではなく、「凱旋門」、「パリ、サン・ジェルマン・デプレ、修道院からボリス・ヴィアンまで」、「ペール・ラシェーズ墓地の彼方へ」、「いつも見るセーヌ川」、「古いパリの新しい見方」などのツアーがあり、いずれも新たなものの見方を教えてくれ、好評だという。
[PR]
by monsieurk | 2013-11-29 22:30 | フランス(美術) | Trackback | Comments(0)

貴婦人と一角獣

 パリのクリュニー美術館が所蔵するタピスリー《貴婦人と一角獣(La Dame à la licorne)》6点すべてが、4月24日から東京・六本木の「国立新美術館」で展示されている。今回の展覧会ではタピスリー(綴織の壁掛け)を中心に、クリュニー美術館が誇るおよそ40点の品々も展示されていて、中世ヨーロッパの貴族の生活をしのばせてくれる。
 かつてフランス大統領シャルル・ドゴールは、この一群のタピスリー(tapisserie、英 tapestry)を、凱旋門のアーチから見る入日、サント・シャペル教会のステンドグラスと並んで、フランスの至宝と呼んだが、これが国外に貸し出されたのは、過去に一度、1974年にワシントンのメトロポリタン美術館で展示されただけである。今回の展示はそれ以来39年振りの出来事である。
 パリに住んでいたときは幾度となくクリュニー美術館を訪れて、このタピスリーの前にたたずんだものであった。パリ左岸のサン・ミシェル大通りはサン・ジェルマン大通りと交差して、サント・ジュヌヴィエーヴの丘へ向かって上がって行くが、交差点を過ぎるとすぐ左手に、鉄柵に囲まれたローマ時代の浴場跡が見える。クリュニーの館は、この遺跡の上に中世末に建てられたゴシック・フランボワヤン様式の建物である。1843年、ここにアレクサンドル・ソメラールが蒐集した中世期とルネサンス期の品々を、浴場の遺跡から出土した彫刻などと一緒に展示する美術館がこの館に開設された。美術館の入口はサン・ミシェル大通りをさらに上がって、最初の道を左手に入ったポール・パンルヴェ広場6番地にある。
 美術館の重い扉を押し、暗い廊下を通り抜けたところにある階段を二階(フランス流では一階)に上ると、そこは丸天井から光が一杯に差し込む円形部屋で、6帳からなる《貴婦人と一角獣》は、その部屋の白壁に垂れ下げられている。
 タピスリーはもともと遊牧民のテントでなかの空間を仕切りるために使われたものだが、やがてヨーロッパでは石造りの家の冷たさを防ぐために使われるようになった。そこに多彩な模様や絵柄を織り込んで、無機質な石壁の冷たさを視覚的にも和らげる効果を期待したのだった。
 《貴婦人と一角獣》は、小説家で歴史記念物監察官でもあったプロスペル・メリメが、現在のクルーズ県にあったブーサック城(Chateau de Boussac)で、1841年に発見した。保存状態が悪く傷んでいたのを修復して、1882年にクリュニー美術館に移したのである。6帳のタピスリーの制作年代は不明だが、パリで下絵が描かれ、15世紀末にフランドル地方で織られたと考えられている。
 6帳のタピスリーは暖かみを感じさせる赤地に、さまざまな草花が百花繚乱の態で色鮮やかに織り込まれている。これは千花模様(mille fleurs)と呼ばれ、この形式が最初に出現したのはフィリップ・ル・ボン(善良王)の注文によるとされ、ベルンの歴史美術館に作例が残されている。
 6帳のタピスリーは、どれも千花模様を背景に若い貴婦人が一角獣と獅子がいる場面が描かれ、そのほかに猿、犬、兎、狐、鵞鳥などの家禽が小宇宙を形づくっている。タピスリーでは、一角獣や獅子が捧げ持つ旗と楯が描かれているが、そこにはジャンヌ・ダルクの活躍でフランス王となったシャルル七世(1403-1461)の宮廷の実力者だったジャン・ル・ヴィスト(Jean Le Viste)の紋章である三つの三日月があり、彼が注文主ではないかとされる。
 ル・ヴィスト一族はリヨンで営んでいた手工業によって財をなし、政治的にも有力者となって貴族に叙せられた。一族の家長は1500年頃にはパリに住み、王室の財政管理の仕事を務めながら、ブルゴーニュにも領地をもっていた。
 タピスリーの副主人公である白い一角獣は空想の動物で、身体は馬だが蹄は二つに割れていて、尾は獅子、顎には山羊のような鬚がある。そして両耳のあいだには長い角が真っ直ぐに生えている。そしてこの長大な角には螺旋状のよじれが先端まで走っている。
 伝説では、一角獣は力が強く、勇敢で、足も速く、飼い馴らすことは難しいとされるが、なぜか乙女を好むとされる。だから一角獣を捕えるには、処女を連れていって誘惑するのである。このような性質から、古来、「純潔」や「貞淑」の象徴とされてきた。
 6帳のタピスリーには、それぞれ内容をあらわすタイトルがつけられている。写真の左上から順に、「味覚(le goût)」、「聴覚(l’ouïe)」、「視覚(la vue)」、「嗅覚(l’odorat)」、「触覚(le toucher)」、そして「わが唯一の望みに(A mon seul désir)」である。まずはこれらをじっくり眺めてみてほしい。画像はクリックすると、拡大して見ることができる。
d0238372_1853116.jpg
 タピスリーの主人公である貴婦人は、一帳ずつ顔つきが微妙に異なり、服装も違うことから同一人物ではないとされるが、長く豊かな金髪を頭上に編み上げ、細い身体を胸刳(デコルテ)でしめ、裾の長いローブを着て、さらに足まで隠すスカートをつけている。そして各々のタピスリーでの貴婦人の動作が、上にあげた人間の五感を表象しているのである。
 「味覚」。貴婦人は侍女が差し出す皿から菓子を取ろうとしている。彼女の視線は皮手袋をはめた左手に載る鷹に注がれていて、彼女の左右にいる一角獣と獅子は、両方とも後脚で立ち上がって旗をかかげている。貴婦人の足元では猿が菓子を食べている図柄である。
 「聴覚」。貴婦人はトルコ製(独特の図柄からそう特定される)の絨毯をかけた台の上の小型パイプオルガンを弾いている。侍女は反対側に立って、オルガンに空気をおくる鞴(ふいご)を動かしている。一角獣と獅子は同じように旗をかかげている。
 「視覚」。貴婦人は下半分ほどの黒い糸で織られた島(丘か?これはどのタピスリーにも共通していて、暗い地色のために草花は一層色鮮やかに見える)に置かれた椅子に腰をかけ、右手に手鏡をもっている。一角獣はおとなしく地面に身を伏せ、前肢を貴婦人の膝に乗せ、貴婦人が手にする鏡に顔を映している。「視覚」というタイトルは、ここでは貴婦人の動作ではなく、一角獣の顔が鏡に映っていることに由来する。左側の獅子はぶぜんとした様子で旗をかかげている。
 「嗅覚」。貴婦人は立ち上がり、花環づくりに夢中である。侍女は花を入れた籠を貴婦人にむけて捧げ持っている。一角獣と獅子は後脚で立ち、旗をかかげている。そして猿は籠から花を取り出しているようだ。
 「触覚」。ここでは貴婦人が自分で旗をかかげ、もう一方の手で一角獣に触れている。そして一角獣と獅子は、貴婦人がかかげる旗を見上げている。
 「わが唯一の望みに」。このタピスリーは「味覚」とともに他の4枚に比べて幅が広く、絵柄も異なっている。絵の中央には、深い青色の緞子に金の火炎模様が織り出された天幕が建てられていて、半開きの天幕の上の縁には、金色で「わが唯一の望みに(A Mon Seul Désir)と書かれている。
 天幕の半開きの入口に立つ貴婦人は、これまでのタピスリーでは身に着けていたネックレスを外して、侍女がささげ持つ櫃に、いままさに仕舞おうとしている。あるいはここで初めてそれを取り出して身に着けようとしているのかもしれない。そのどちらかの解釈によって、このタピスリーがシリーズの最初か最後かのどちらかに置かれることになる。
 あるいはこの一帳の大きさが異なることから、他の5帳とは別のものという説もある。いずれにせよ、このタピスリーが別名「宝石選び」と呼ばれるのは、彼女の動作によるのはいうまでもない。貴婦人の左側には、コインが入ったバッグが低い椅子に置かれ、獅子と一角獣は貴婦人の両側で旗をささげ持っている。それにしても貴婦人の「唯一の望み」とはいったい何だろうか。
 《貴婦人と一角獣》は、これまで多くの文学作品で取り上げられてきた。ドイツの詩人ライナー・マリア・リルケもこのタピスリーに魅せられた一人で、『マルテの手記』の第一部の最後で、孤独な主人公マルテの眼を通してタピスリーの印象を克明に描きだしている。
 「貴婦人が鷹に餌をやっている。なんときらびやかな衣装だろう。鳥は手袋をはめた手にとまって、羽ばたいている。彼女は鳥を見つめながら、侍女のさしだす高坏に手をのばし、餌やろうとしている。その右下、裾の上に、絹のような毛なみの小犬がすわり、彼女を見上げて、自分のことを思い出してほしいと言いたげな様子。それに、おまえは気づいたろうか、鳥の後ろを低いばらの垣根が区切っているね。旌を支える動物たちは、いかにも紋章ふうに昂然と前肢を跳ね上げている。着せられているマントもまた同じ旌だ。美しいブローチがその前をとめている。風が出ている。
 つぎの壁掛けに近づこうとして、貴婦人がもの想いに沈んでいるのに気づくと、思わず足音を忍ばせてしまうね。――彼女は花環を編んでいる。花でこしらえる、まるい小さな冠だ。いま手にとった花を糸に通しながら、つぎにはどの色にしようかと、侍女のさしだす浅い盤のなかのなでしこの花を考え深げに選んでいる。その背後の腰掛けには、ばらの花でいっぱいの籠が、まだ手もつけずに置かれている。獅子はもうそしらぬ顔をしている。だが右の一角獣には、彼女のすることが分かっている。
 この静けさに音楽が聞こえないはずがあろうか? もう堰きとめてはおけないのだ。重々しく静謐な装いに飾られて、貴婦人は(なんとゆっくりとした足取りだろうね?)持ち運びのできるオルガンに歩みより、立ったまま弾いている。むこう側でふいごを動かしている侍女とのあいだを、パイプの列が隔てている。彼女はこれまでにもまして美しい。髪は風変りにふたつに編んで前にまわされ、髪飾りの上で束ねられて、結び目からその両端がかぶとの羽飾りのようにつき出ている。獅子はふきげんそうにこの音楽を我慢し、不興げに、唸り声をこらえている。しかし、一角獣の方は律動に揺られているように美しい。
島がひろくなる。天蓋が張られている。青いどんすの天蓋で、・・・」(杉浦博訳)
 マルテが仔細に観察しているのは、「味覚」、「聴覚」、「嗅覚」、「わが唯一の望みに」の順なのは明らかで、他のタピスリーについても見事な描写を残しているが、これは皆さん自身がぜひ会場を訪れて、実物を自分の眼で確かめてほしい。
 《貴婦人と一角獣》は、日本で展示される前に一年をかけて、藍や栗などの天然染料で染めた糸で修復されたという。奇跡的に実現した海外で二度目の展覧会は、4月24日から7月15日まで東京の国立新美術館、その後は大阪・中之島の新国立国際美術館で、7月24日から10月20まで開催されるとのことである。必見。
 なお、タピスリーの映像については、http://www.lady-unicorn.jp/でも見ることができる。
[PR]
by monsieurk | 2013-04-25 22:30 | フランス(美術) | Trackback | Comments(2)

カラヴァジスム

d0238372_1173886.jpg トゥール-ズには幾つも美術館がありますが、かつて市営の家畜屠殺場だったところを改装した「アバトワール美術館」については、去年7月10日のブログで紹介しました。ここに収蔵されているパブロ・ピカソが制作した舞台用の巨大な緞帳、《アルルカンの服装をしたミノトールの遺体》を今回も観てきました。そして翌日には、街の中心にある「オーギュスタン美術館」で開催中の、「肉体と影、ヨーロッパのカラヴァジスム(Corps et Ombres , Le caravagisme européen)」に足を運びました。
 「オーギュスタン美術館」は修道院だった建物を、1793年に改修して美術館としたもので、これはルーヴル美術館の開館に遅れること数年のことです。トゥールーズの帝国アカデミーが所蔵していた作品を基礎にスタートしましたが、時代とともに収蔵作品は増え、現在では4000点に上ります。絵画としてはリューベンス、ドラクロアから、マネやトゥールーズ=ロートレックなど、17世紀から20世紀にかけての作品が巨大な部屋の壁に所せましと飾られています。
d0238372_1172791.jpgd0238372_1173165.jpg

 美術館の最大の見どころは12世紀ローマの彫刻群で、この分野のコレクションとしては世界有数のものです。
d0238372_1173514.jpg

 現在開催中の「肉体と影、ヨーロッパのカラヴァジスム」は、イタリアバロック期の画家ミケランジェロ・メリージ・カラヴァッジオの絵が、ヨーロッパ各地の画家たちにどのような影響をあたえたかを探るものです。カラヴァッジオ(1571-1610)は、人間本来の姿を写実的に描き、光と影のコントラストを際立せる印象的な手法で、バロック絵画の形成に決定的な役割をはたしました。《トカゲに噛まれた少年》(1593-94、ロンドン・ナショナルギャラリー)、《女占い師》(1595頃、ルーヴル美術館)、《洗礼者ヨハネの首を持つサロメ》(1609頃、マドリード王宮美術館)などが代表的な作品で、世界各地の美術館に所蔵されています。美術史家のバーナード・ベレンソンは、「ミケランジェロを除けば、カラヴァッジオほど世界の画家たちに大きな影響をおよぼしたイタリア人画家はいない」と述べています。事実、当時のヨーロッパの画家の多くがイタリア詣でを行いましたが、その目的はカラヴァッジオの絵に接することだったといわれています。
 今回トゥールーズの「オーギュスタン美術館」では、フランドルとオランダ絵画が集められており、ホントルスト、レンブラント、テル・ブリュゲンなどの作品を観ることが出来ました。
 レンブラントの《エジプト脱出》は小さな作品ですが、光と影を巧みに表現した傑作で、以前から観たいと望んでいたものでした。展覧会ではフラッシュを用いなければ、写真を撮ることが許されていますが、天井近くの窓から差し込む光線が反射してなかなかうまく撮れません。すると係の女性が親切にも、彼女が着ていた黒いセーターを私の背後にかざして光線を遮ってくれました。昨日も同じようにして喜ばれたということでした。これがその《エジプト脱出》です。
d0238372_1174589.jpg
 近くのモンペリエのファーブル美術館では、イタリアとフランス、スペイン絵画が展示されて、それらへのカラヴァジスムの影響が探究されています。
 展覧会は10月14日までで、その後アメリカ・ロサンゼルスとハートフォードの2つの美術館へ巡回するということです。

 週末はインターネットが使えないピレネーの山荘へ出かけます。暫時このブログはお休みです。
[PR]
by monsieurk | 2012-07-16 11:21 | フランス(美術) | Trackback | Comments(0)

ピカソの贈り物

 ≪モナ・リザ≫がパリ・ルーヴル美術館の至宝ならば、ピカソの≪アルルカンの服装をしたミノトールの遺体≫は、トゥールーズにあるアバトワール美術館の宝物です。
 アバトワール(Abattoir)とは「屠殺場」の意味で、レンガづくりの建物はもともと市の家畜屠殺場でしたが、歴史的建造物に指定された機会に美術館に改築され、2000年に開館しました。近現代美術の展示が中心で、なかでも有名なのが高さ8.30メートル、横幅13.25メートルのピカソ制作の巨大な舞台用の緞帳です。≪アルルカン(道化師)の服装をしたミノトールの遺体≫と呼ばれるこの作品の誕生はフランスの歴史と深く関わっています。
d0238372_613234.jpg


続きを表示する
[PR]
by monsieurk | 2011-07-10 13:30 | フランス(美術) | Trackback | Comments(0)
 面白い記事を見つけました。いまインターネット上で、ルーヴルの至宝≪モナ・リザ≫をイタリアのフィレンツェへ貸し出すべきか否かの議論が起こっているそうです。
d0238372_19535350.jpg

 事の起こりは、イタリアの有名な元テレビ・キャスターで、いまは「イタリア文化財活用委員会」会長をつとめるシルヴァーノ・ヴィセンティ(Silvano Vicenti)が、昨年の暮れ、イギリスの新聞に寄稿した記事でした。ヴィセンティ氏は記事で、≪モナ・リザ(ジョコンダ)≫の左眼の中に小文字のLとVの字が見えると発表しました。そして、これは画家が残した「しるし」で、モデルになった女性の手掛かりをあたえるものだ。おそらくモデルはレオナルド・ダヴィンチが愛した女性であろう、と主張しました。彼はさらに、モナ・リザと呼ばれていたリサ・ゲラルディ(Lisa Gherardi)の墓を発掘して、その遺骸も調査しました。こうしたことから、ぜひ≪モナ・リザ≫をフィレンツェで展示してほしいという声が、イタリアで盛り上がったのです。

続きを表示する
[PR]
by monsieurk | 2011-07-09 20:02 | フランス(美術) | Trackback | Comments(0)

ジョルジュ・ルオー

 今日7月5日は、昨日の雨とは一転して、朝から強い日差しが照りつけています。天気予報では日中は31度まで気温があがるとのことです。いままで日差しを避けて、庭の木蔭で本を読んでしました。こちらの家に置いておいた、高田博厚/森有正『ルオー』(レクルス文庫188)です。これまでに何度か読み返しましたが、彫刻家の高田博厚が、敬愛してやまなかった画家ルオーのことを評伝風に書き、その読後感を森有正が、高田へあてた書簡の形で書いたものです。高田は生前にルオーと面識があり、その絵画一筋の生き方に深い感銘と共感を寄せてきました。そうした気持がにじみ出たよい文章です。
d0238372_20232252.jpg


続きを表示する
[PR]
by monsieurk | 2011-07-05 20:32 | フランス(美術) | Trackback | Comments(0)