ムッシュKの日々の便り

monsieurk.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:芸術( 218 )

男と女――第七部(30)

 「シエムレアップの夜(LA NUIT DE SIEMRĒAP)」

今夜は十七番目の名月の夜だ。

いま私はやってきた
アンコール・ワットの遺跡にすぐそばに。
私の視線の彼方では、
月明かりの夜のなか、遺跡の周りが
静かに沈みこんでいくように見える。

遺跡を訪れるのは明日
宝石箱のように、遠い霧のなかの真っ盛りの花々のように
目の前にやがて開かれる未知のものを楽しむのだ。
まだ見たことのない
私の心の秘密に
はじめて出会うかのように。

でも周囲のこの単調さは何だろう?
月は高くのぼりこんなにも小さく見える。

シエムレアップの街の小さな劇場からは
仏陀に似た様子で踊るカンボジア娘たちの
赤に染めた掌と曲げた指とで踊る
音楽は聞こえない。
私を取り囲むのは
虫の声ばかり。

この私が、咲き誇る夢を探すのは
ただ心の廃墟のかなだけ。
あなたに手紙を書くが
この手紙は決してあなたに届きはすまい。

今宵は歎きつつ
いまの私の生きざまを愛しむ
そして、それを誰かに聞いてほしいのだ。

 「アンコール・トム(ANGKOR THOM)」

感覚を失うほどの
長い時のほほえみ!

恋、嫉妬、そして歎きを経めぐり
最後に帰ってくるほほえみ。

破壊のあとでさえ
青空に幻影のごときものを残すそのほほえみ。

巨大で、複雑な世界の終りの
名残の味がするほほえみ。

雷鳴のようなそのほほえみ、
大嵐の瞬間のほほえみ、
永遠の凍りついたかのようなそのほほえみで、
おお、アンコール・トム! お前は私の生をすっかり虜にする。
[PR]
by monsieurk | 2017-04-06 22:30 | 芸術 | Trackback | Comments(0)

男と女――第七部(29)

 「旅支度(TENUE DE VOYAGE)」

ああ! もう一度、
トランクに新しいラベルを加え、
私は旅立つ。

ある朝、私は人力車で遠くへ運ばれていった
霧雨に湿ったハノイから、
私を眠らせてくれた
パゴダの伝説よりも甘く悲しい胸から離れて。

ハノイ、
祖国よりも親しい名前、
それは気まぐれな空爆の下で
慌ただしい日々を生きるハノイだった・・・

のどかに流れる紅河の水に
自分の血の一滴を
私は落とした。
そのときからハノイは私と不可分なものとなった。

私がトランクに詰めるのは、
哀しげな竹藪を映す水田の
はるかな縁へ持っていくのは、
服でもなく、ノートでもなく、
化粧品でも、缶詰でもない、
それはプロペラの爆音の下で咲く一輪の花、
私の姿に似た悲しい花だ。

 「星座(LA CONSTELLATION)」

マンゴーの大枝の上の、
長柄を下にした大熊座、
隣には北極星
バルコンの左には南十字星。

今宵はなんという夢見る夜!
なんと深い郷愁に充ちた夜!
白いバルコンの上には、主人と招待客が
夜遅くまでグラスを空にしながら語り合う。

甘美な酒、《コワントロー》のなかに
空が身を傾けている
心地よく、甘やかに、爽やかに
星々が私の舌の上ではじける。

頭上では
星座が知らぬ間に半周していた。
いや、バルコンが一晩中歩きまわったのだ
空の周囲を。

長柄を横にした大熊座、
北極星が天空を
半周して滑りこみ
南十字星は、いまバルコンの右にある。
[PR]
by monsieurk | 2017-04-03 22:30 | 芸術 | Trackback | Comments(0)

男と女――第七部(28)

 フランス語で書かれた『インドシナ詩集』には、三千代が旅した仏印各地で見聞した風景や文化風土、そこに生きる人びとの印象を主にうたった詩が、ハノイにはじまり、巡った順に並んでいる。

 「夜の樹々(LES ARBRES DE NUIT)」

ガンベッタ大通りの黄昏に
月が昇る、
オレンジ色の細い月が。

夜の樹々
身をよじらせ
闇の底から塊をなして立ちあがる、
空に祈るために手を合わせながら。

  ――ああ! この夜、
  私たちは眠れずに、苦しんでいる、
  私たちは呻く力も息をはずませる力もない。
  
そして樹々はかすかにざわめき、
やがて静かになる。
ひとりの安南女が両膝を抱えて、
黒い影の足元にいる。

夢もなく歌もなく、
夜霧の底なしの深さのなか、
無意味な眠りに
まどろみながら・・・

 「花々(LES FLEURS)」

幸せな日に
花を買いたくなるように!

少し曇った人生に、
不意に薄日がさす。

花々が萎れてしまうまで、それを撫でていよう。
「小湖」のさざ波のうえで
短い命の光を拾い集めよう。

水を渡る風に吹かれながら
私は黒髪を梳かそう。

 「桃の花(FLEUR DE PÊCHER)」

静かなたたずまいの安南で、
香しい風に運ばれた桃の花が
私の頬をそっと撫ぜた。
そしてすべてが火を燃えた・・・
おまえ!
昼の白い月の下、
静かに燃えるその火の歌に
身を委ねよう。

 「美しい土地(BELLE TERRE)」

私は飛行機でやってきた。
飛行機は富士山をかすめ、
多彩な色の雲のなかに
突込み、通りすぎる。

眼下には壮麗なパノラマが展ける。
突然、私は尺蛾のように落下する、
花粉をまき散らしながら。
ここはインドシナだ!

あなたたちに何をもたらすことができよう?
フランス語も安南語も話せず、
交易の品も面白い話もない私は。
私は、何ももたない蝶だ。

微風のなかには、パゴダ
そして緑の水田。
私は降り立つ、真摯なままの心を抱いて、
それをあなた方に捧げよう。
[PR]
by monsieurk | 2017-04-01 22:30 | 芸術 | Trackback | Comments(0)

男と女――第七部(27)

 二十六篇の冒頭は、「J'AI VU LA CHERE FRANCE PARTOUT(私はいたるところに親愛なフランスを見た)」で、そのフランス語の原文と訳を引用してみる。

 J'AI VU LA CHERE FRANCE PARTOUT

Dédié à S. E. Monsieur le Vice-amiral J. DECOUX,
Gouverneur Général de l'Indochine

D'un coin de la ville de Hanoï,
Je passe tout d'un coup dans une rue de Paris.
Partout respire
La chère France!

Des arbres des boulevards, des pavés même,
Je me souviens de tout.

Egalement des pots de fleurs sur les fenêtres et des stores rayés imprégnés de vos amours.

Partant de mon pays natal,
Je suis venue dans une pays natal,
Que vous avez apportée de France.

De l'odeur de votre pay natal,
Ne vous doutez vous pas que je sens mon pays natal !
Vos sentiments de nostalgie
Résonnent aussi à mon oreille avec leur harmonieuse mélodie.

J'appelle avec vous tous, d'une seule voix
La France et Paris,
Désirant rappeler la moitié de ma vie
Vécue là-bas.

Dans tous les coins de Hanoï,
Battent les cœur chaleureux.
Nous n'en sommes pas à notre première recontre.
Eh bein ! N'est-ce-pas que nous nous sommes déjà rencontrés en France?  

 「私はいたるところに親しいフランスを見た」

               インドシナ総督、海軍少将、J.ドクー氏に献ず

ハノイの街の一隅から、
私は突然パリの通りに出た。
いたるところに親しいフランスが
息づいている!

大通りの樹木も、舗道の敷石さえも、
みな憶えている。
窓辺の花の鉢、あなた方の愛が染み込んだ縞模様の日除けも。

私は祖国を発って、
もう一つの祖国へやって来た。
あなた方がフランスから持ってきた
祖国の匂いのなかで生きるために。

あなた方の祖国の匂いから、
私が自分の祖国を感じるのを疑わないでほしい!
あなた方の郷愁は、私の耳にも
調和あるメロディーを響かせる。

あなた方みなと声を合せて
フランスとパリを呼ぶ、
彼の地で過ごした
私の半生を呼び戻したいと望みつつ。

ハノイの隅々で、
熱い心が鼓動している。
私たちはここで初めて出会ったのではない、
だって! 私たちはもうフランスで会ったではありませんか!
[PR]
by monsieurk | 2017-03-29 22:30 | 芸術 | Trackback | Comments(0)

男と女――第七部(26)

 インドシナ詩集 

 三千代が仏印に滞在していた二月、単行本の旅行記『新嘉坡の宿』(興亜書房)が出版された。さらに三月には小説集『国違い』が刊行され、帰国後の九月末から年末の間に、フランス語の詩集を明治書房から上梓した。
 表紙には、「MITIYO MORI / POĒSIES INDOCHINOISES / Librairie Meiji-Shobo / Surugadai ・Kanda・Tokio」とあり、次ページには「DESSINS TSUGUJI FOUJITA」とあり、実際、藤田嗣治による線描絵が十点挿入されている。
 冒頭にはレター・ヘッドつきの便箋に、仏領インドシナ総督ジャン・ドクーの自筆の手紙が序文として掲げられ、そのあとにフランス語の詩二十六篇を収めている。
 詩集『POĒSIES INDOCHINOISES』を最初の取り上げたのは牧洋子で、『金子光晴と森三千代――おしどりの歌に萌える』(マガジンハウス、一九九二年)のなかで、二十六篇のうちの十篇を翻訳して紹介した。ここではそれとの重複を避けつつ、幾つかの詩篇を訳してみる。ジャン・ドクーの「序文」は以下の通りである。

 「最近のインドシナ旅行から、マダム森三千代がその思い出を、このほど独特の魅力を湛えた詩として私たちにもたらしてくれました。
 彼女は、日本の知的エリートの主要な特徴の一つである、人間や物事に対する鋭いヴィジョンを付与されていますが、マダム森は、日本民族が持つ観察眼に加えて、女性特有の感性のすべてをそれに加えています。フランス語を使ったり、西欧の学問に触れることから遠ざかっていたにもかかわらず、疲れを知らぬこの旅人は、インドシナのさまざまな地方の雰囲気と、同時に、彼女自身が眺めたさまざまな場所の魂を、きわめて適切な形式で表現しています。
 経歴そのものが日仏文化の親和性の統合を示す藤田画伯が、その輝かしい才能をもって「インドシナ詩集」の挿画を提供しているのは、これ以上ないことです。詩集を飾っている挿画は見て楽しいとともに、精神にとって心地よいものとなっています。
 読者は詩のなかに、とりわけ感動的なある調子を見出さずにはいられないでしょう。最近ペタン元帥は、「時を超える作品は愛なしにはつくれない」と言いました。皆さんが以下に読まれる繊細な作品の全体には、マダム森のわが国にたいする真摯な愛が、そして藤田画伯と同様、彼女がインドシナのいたるところに浸透しているのを感じたと述べている、フランス精神に対する讃嘆の念がこめられています。
 「私はいたるところに親しいフランスを見た」――これが『インドネシア詩集』の最初の詩の、不思議な喚起力をもつタイトルです。こうして日本の女性詩人は、無名の者であれ、著名な者であれ、死者であれ生者であれ、この遠いアジアの地において、われわれフランスの真の顔を抽出し、光を当てようとしたすべての人びとに、彼女独自の賛辞を捧げています。そこには、そうした人びとの時を超えて生き続ける深い印が刻まれているのです。
 インドシナでフランスの仕事をなしとげた無名の職人たちすべての名において、ここに、マダム森に対して感謝の念を表明する次第です。

             仏領インドシナ総督 ジャン・ドクー」
[PR]
by monsieurk | 2017-03-26 22:30 | 芸術 | Trackback | Comments(0)

男と女――第七部(25)

 四月、三千代はハノイからハイフォンへ行き、そこから汽船に乗って帰国の途についた。希望した昭南島(シンガポール)行きは果たせずじまいだった。
 危なっかしい飛行機をさけて帰途は船にしたのだが、台湾から瀬戸内海にかけて日夜アメリカの潜水艦が出没して、日本の商船や客船が沈没されていた。金子は外務省に日参して三千代が乗った船の名前を教えてもらい、中学生の乾と女中を置いて神戸に向かった。関西勤務になっていた義弟の菊地克己と一緒に、神戸のオリエンタルホテルの一室で、船の入港をやきもきしながら待った。このころにはアメリカの潜水艦が瀬戸内海にも姿をみせ、三千代の乗船した船が瀬戸内海に入ったという知らせを船舶会社から受け取ったが、安心はできなかった。事実、船はアメリカの潜水艦につけ狙われながら、ようやく四月十二日に神戸港に入港した。
 埠頭では金子と菊地克己が出迎えた。はしけに乗った、元気で逞しい三千代の姿が見えると、菊地がしゃくりあげて泣いた。金子にしても丸三カ月ぶりに見る彼女の姿だった。
 「おどろいた事は、ホテルの僕の宿に、身柄とともに買ってきた三つの大包みと、竹の笊に入れた土産物の物資で、すでにその頃の日本では、ざらに手に入らない布地や、珈琲豆、銀製品、砂糖、蓮の実の砂糖漬、その他、さまざまな品が床にひろげられた。(中略)そのうえ、うまれてまだ何ケ月もたたぬ豹の児を二匹、お土産にもらったりした。が、豹の児は、プノンペンの宿で飼いならした山猫に噛み殺されてしまった。それにそんなものを日本へもってかえっても、食べさせる肉などなく、その上育って大きくなれば、飼う場所もない。などと、話してもつきない土産話に花を咲かせた。」(「来迎の冨士」、『鳥は巣に』)
 帰国した三千代は精力的に執筆を再開した。三カ月の仏印旅行の体験で、書くべきことは沢山あった。発表順にあげてみると、帰国後一カ月足らずで、まず「安南」が「中央公論」五月号に掲載された。以下、「仏印の文学」(「新潮」、六月号)、「日本の花」(「文芸」、六月号)、「アンコール・ワットへの道」(「海」、大阪商船戦株式会社、六月号)、「安南皇帝」(「読売新聞」六月三日号)、「仏印の文筆家たち」(同五日号)、「仏印古蹟めぐり」(「むらさき」六月号から八月号、三回連載)、「コーロワ悲曲」、(「国際文化」、第二十号、七月号)、「仏印雑話」(「興亜」、七月号)、「アンコールを見る」(「南洋経済研究」、八月号)、「仏印の子供たち」(「国語の力」十月号)である。
 これらをまとめた上で、タイトルも一部変えて単行本としたのが『晴れ渡る仏印』(室戸書房)である。収録された作品は、「晴れ渡る仏印」、「仏印の黎明」、「仏印の文学」、「安南芝居」、「『金の亀物語』」、「『南郊の祭』」、「安南家庭を訪ねる」、「寶石氏の食卓」、「仏印の若い女達」、「日本色の安南」、「ハノイの学校」、「仏印の子供たち」、「仏印雑話」、「仏印古跡めぐり」、「アンコール・ワットへの道」、「アンコールを見る」、「カンボヂヤの都」であった。
[PR]
by monsieurk | 2017-03-23 22:30 | 芸術 | Trackback | Comments(0)

男と女――第七部(24)

 もう一つの詩篇「アンコール・トム(Angkor Thom)」――

その感覚を失うほど
長い時間の微笑みで!

恋、嫉妬、そして歎きを経めぐったあと
最後に帰ってくる微笑みで、

破滅のあとでさえ
青空に幻影のようなもの残すその微笑みで。

巨大で、複雑な、世界の終りの
名残を残すその微笑みで。

雷鳴のようなその微笑みで、
大嵐のときの微笑みで、
永遠に凍りついたかのようなその微笑みで、
おお! アンコール・トム! お前は私の生をそっくり虜にする。 

 パリで原寸大の模型を見て以来、待望だったアンコール・ワットを見学した感激は大きかった。五つの塔をバックにして、篝火の光のもとで、蛇の姿態をとりいれたという幽玄な踊りを見られたのも幸運だった。『晴れ渡る仏印』の口絵写真には、アンコール・ワットの遺跡の前で、真っ白な服を着てポーズをとる三千代が写っている。
 三千代たち一行は、翌日コンポン・トムを経てプノンペンへ向った。メコンデルタの平野がひらけ、床の高いカンボジアの家が散らばっている場所をすぎ、やがてメコンの支流を横切って、午後にはプノンペンへ着いた。ホテルは緑陰の蔭が深い街中のル・ロワヤルだった。
 到着早々、翌日の王宮見学のために、日本軍司令部へ許可をもらいに行った。そして夕食前に、ヴァー・プノンのあるペン塔を訪れ、高みからプノンペンの街を眺めた。
 ハノイもサイゴンも大きな並木のある緑濃い街だが、プノンペンの並木はそれよりもずっと大きく野性的だった。翌日は朝から王宮や銀寺などを見学し、二日間滞在したあとハノイに戻った。帰りの途中の街で売っていた豹の仔を、アダチ商会の小泉から贈られたが、二、三日で死んでしまった。
 残りのハノイ滞在中は演劇をいくつか観たほかに、ほとんど毎日のように小湖のほとりを散策した。ここには別名「翡翠の寺」と呼ばれる玉山寺があり、湖の水の青さが翡翠に似ていた。
 「時には考えごとをしながら、時には思うことなく、その時々の心境で湖畔の風情を味わいながら行きかえりしたものだった。そんな散策のある日こんな詩を書いた。

   「翡翠の寺(La pagode MÔT CÔT)」

  小湖(プティラック)は
  ハノイの眼。
  とりすました美女のまなざし。
  その眼のなかに
  一つの答を求めて
  わたしはさまよう。
  
  足の下に逃げまどう
  落葉。
  噴水のような
  梢の芽生え。
  春と秋ろの一時にくる
  この不思議な季節の交錯のように
  世紀の思想と感情がもつれあって
  私の心はほどけにくく
  私の歩みは行き悩む。
  疑うことが愛なのか。
  苦しむことが愛なのか。
  
  よそよそしげな水のおもて
  蛇神の伝説を秘めた
  翡翠の寺が
  白衣の老巫女のように
  そら耳をして立つ。」(「仏印古蹟めぐり」)
  
 のちに日本語で書いたこの詩をフランス語に訳し、「LA PAGODE DE MÔT CÔT」と題して、詩集『POĒSIES INDOCHINOISES』に収録した。
[PR]
by monsieurk | 2017-03-20 22:30 | 芸術 | Trackback | Comments(0)

男と女――第七部(23)

 三千代は宿泊していたグランド・ホテルの主人に、プノンぺンの宮廷舞踏を見たいと相談した。すると、旧暦正月の仏前供養の奉納舞踏のために、プノンペンの後宮に養われている舞姫たちが滞在していて、彼女たちに踊らせることができるという話だった。
 三千代はさっそく手配を頼み、この日の夜、同行の四人のほかに、軍の所属で南方事情調査のために史料を集めている笹原たち一行、書筆の仕事をする萩須、さらにホテル・グランドに同宿していたスイス大使館の領事夫妻も招いて、遺蹟の前の広場で、篝火の光の下、舞姫たちの踊りを見物した。この光景は三千代にに忘れがたい印象を残した。
 「広場の真中には、赤毛氈が一枚敷いてある。あたりがあまり広々してゐるので、手巾でも落としてあるやうに見える。その横手に少しへだたつて、楽人たちが、楽器を前に円座をつくつてあぐらをかいてゐる。(中略)
 前奏の曲がはじまつて、やうやく間拍子が短かく、息がせわしくなってゆく。アンコール・ワツトの大廃墟を背景として、夜空の下の大野外劇がいまはじまらうとしてゐる。

 きらきらときらめきながら落ちてくる。正面入口の石の階段を、転ぶやうに駆け下りてくるのだとわかつた。敷かれた毛氈まで、はだしで音もなく走り出る。塔のやうに高い黄金の冠をかぶつた小さな舞姫の出場の姿だつた。きらきらきらめくのは、冠や、肩のぴんとはねた翼飾り、金の襷や胸いつぱいの刺繍、手首やくるぶしの金環であつた。一人につづいて次々に六人、三人は男すがた三人は女装で、蛇の律動を型どつたといわれる、手首や腰を極端にくねらせる幽玄神秘な踊をおどりはじめる。」(「豹」、小説集『豹』)
 そして『インドネシア詩集』に載せた詩「アンコール・ワット(Angkor Vat)」。

あるときは
空から降りたったように見え
あるときは
空に登って行くように見える。

またあるときは
飛翔するかのように。

アンコール・ワット、
それは永遠の若者だ、
旺盛に成長する今年の竹、
ルビーを溶かしながら空へと昇っていくアプサラス*。

誰が廃墟だなどと言えようか?
これを造った民が
すでに絶滅したなどと誰が言えよう?

手が壊れ、顔が侵蝕されていても、
それが、蝙蝠の汚物で汚された
朽ち果てた石の山などと、誰が決められようか? *廻廊に施された浮彫の女神像。
アンコール・ワット
私が辿り着けないところで
いまもその心臓が
力強く鼓動するお前。

尖った冠の傾け
口の端をまくりあげて
カンボジア風に微笑むお前。

たしかにそれを造った王も民もいない。
だがその祈りの中の願は
常に生きている
アンコール・ワット!
それが正しくお前だ!

それは朽ち果てるわたしの身体の裡に棲んでいる、
私の不滅で純粋な愛のようだ。
[PR]
by monsieurk | 2017-03-17 22:30 | 芸術 | Trackback | Comments(0)

男と女――第七部(22)

 アンコール・ワット

 サイゴンを朝六時に出発してアンコール・ワットに向けて出発したのは、三月になってからである。
 「近頃はガソリンの入手が非常に困難なので、サイゴンからアンコール・ワットまでの往復千三百キロの自動車旅は、よほどよい機会でもないと果されなかった。軍のトラックにお願して便乗させていたゞくつもりでいたがフランスのツーリスト・ビュローのハイヤーをサイゴンのA商会が斡旋してくれて、同行五人で出掛ける事になったわけだった。サイゴン大使府の佐藤領事からA商会に話があつたからだった。同行者は、芳澤大使の息子さん、A商会のI社員さん、軍属の人二人、それに私、五人とは、そうした顔ぶれである。
 時節柄手荷物は出来るだけ少なくして、小鞄一個づつだった。私は、水筒の水と、ボンボンを用意して来た。ボンボンを皆にまわして分けあつたり、水筒のなまぬるい水でのどをうるおしたりして、ほこりっぽい、のどのいらいらをしづめた。」(「アンコール・ワットへの道」)
 出発して五時間、メコン川の渡しにさしかかった。雨季には氾濫する大川に橋はなく、人も車も船橋にのせて川をわたす。その船橋は発動機船が引っ張って行くのだが、燃料は薪で、両岸に薪が一杯積み上げられていた。カンボジア人の労働者が薪を船に積み込むのに時間がかかり、その間、肌は太陽に焼かれ、汗が絶え間なくふきだしてきた。ようやく川を渡ると、やがてコンポン・チャムの街にはいった。
 ここは緑の芝生や美しい花壇に囲まれた、フランス風の卵黄色に塗られた瀟洒な家並が続く、清潔で閑散とした街だった。ちょうど午睡の時間で人通りもまれだった。
 街中のホテルに車を乗りつけて遅い昼食をとった。太ったマダムが出してくれたフランス料理は、思いがけず美味しかった。ここでガソリンを調達し、コンポン・トムを経て、サイゴンからおよそ十二時間でアンコール・ワットの遺跡の門前町シェムレアプに到着した。かつてピエール・ロチはメコン川のジャングルを遡り、サイゴンから五日かかった道のりを、坦々としたアスファルトの道を車を走らせて、十二時間で着くことができた。
 「シェムレアプは、森の中の静かな町だ。
 まったくフランス風なホテル・グランドで一泊した翌朝、いよいよ待望のアンコール見物をすることになった。前の晩、ホテルのテラスから、ジャングルを越えて菫色に五つの塔を夕闇の中に望見した。金色の星さえきらめき出してそれは、なにか神秘な宝石箱が、遠くかすんだ真盛りの花盛のように思われた。
 数年前、私は、巴里に居た頃、ヴァンサンヌ〔ママ〕公園で開催された植民博覧会を見に行った。植民博覧会のみものは、アンコール・ワットの原寸大の一部の模型だった。コンクリでつくった浮彫りの型が、まだ一部分出来上らずに、草のなかに投げ出されてあった。ほこりっぽい博覧会場の空高く、その夢のような石の宮殿が浮上っているのを見て、生涯に一度は、アンコールを訪ねてみたいという、あこがれに似た願望にかられたものだった。(中略)
 胸をときめかすアンコールの五つの塔が、朝日に染まって、行手の空に乗り出しながら、こちらへ向って近づいてくるように見える。それは、大きな牡竹筒に似た形をしている。この五の塔の建物は、即ちアンコール・ワットで、このアンコールの廃墟のうちで、いちばん構成の整った一画である。」(「アンコールを見る」)
 三千代はハノイを発つ前に、観光局長のラクロンジュからアンコール遺跡保存局長セデス宛ての紹介の名刺をもらってきていたが、早朝のことであり、彼を煩わすことなく、フランス語と英語ができるという利口そうなカンボジア少年を案内に雇って遺跡を見てまわった。
アンコール・ワットもアンコール・トムも、その他の散在する多くの石の建造物も、かつて大森林の侵蝕をうけて森林の中に埋もれていた。これを植物の下から掘り出したのはフランスの極東学院の仕事で、フランスが誇るに足りる業績だった。植物の生育する力は想像を絶していて、いまでもしばらく放置すると、堂塔伽藍はたちまち森林に埋もれてしまい、絶えず手入れをしなくてはならない。三千代は金子とともにジャバのボルブドールの石の曼荼羅を見たことがあったが、結構の雄大さにおいて、アンコール・ワットは遙かにそれをしのいでいた。
[PR]
by monsieurk | 2017-03-14 22:30 | 芸術 | Trackback | Comments(0)

男と女――第七部(21)

 サイゴン

 三千代が乗った汽車は三月一日にフエを発って、予定より四十分遅れてサイゴン駅に着いた。サイゴンのホテルはどこも満員だったが、佐藤領事がカチナ通りのホテル・コンチネンタルを予約しておいてくれた。ホテルへ行ってみると、前夜の宿泊客の荷物がまだ部屋に残っていたが、そこへ鞄を入れて食堂で食事をとった。三月のサイゴンは真夏の暑さだった。
 滞在は四、五日の予定で、そのあとアンコール・ワットに行く計画だった。さっそく大使府へ行き、内山公使や蓑田総領事に挨拶し、アンコール・ワット訪問について助言を頼んだ。陥落間もない昭南島(占領後シンガポールはこう呼ばれた)へもぜひ行きたいので、援助してほしいと伝えた。
 昭南島行きを強く望んだのは、第十六軍の宣伝班員として南方に来ている武田麟太郎との再会を期待してのことだったかもしれない。二人は知るよしもなかったが、武田は二月十一日の紀元節を洋上で迎え、間もなく仏印中南部のカムラン湾に入港し、そこで時間待ちをした。これが二人が一番接近したときだった。
 武田が乗船していた輸送船団は、十五日のシンガポール陥落の報を聞いたあと、十八日未明、カムラン湾を出航して南下し、月末には目的地であるジャワ島に着いた。
 三千代が大使府での挨拶を終えてホテルへ戻ってくると、午後三時すぎのカチナ通りは人出が多くなっていた。熱暑のサイゴンでは、フランス人も安南人も中国人も、みな午睡(シエスタ)をとるから、午後の初めは人通りがなくなるのである。
 この日の午後は、アンコール・ワットに同行する芳澤大使の息子と打ち合わせ、夕方には、ポワン・ド・ラ・ブラーグル(おしゃべり岬)で観光局の山口と会い、月を見ながら歓談した。ここはサイゴン川がショロン運河へ分かれていく地点にある三角州で、船の形をした酒場があった。対岸の椰子林から上った月が、大小の船が川面に影を落としていた。
 船の多くはショロンの精米所から米を積むサンパンで、米はショロンの華僑が一手ににぎっていた。後日、サイゴンの中心から西におよそ六キロのところにあるショロンの精米所を、三菱商事支店長の鈴木や社員の西方に案内を頼んで見学した。
 ショロンは人口からいえば仏印第一の地域で、人口は二百万だが、人頭税を逃れている者を含めれば三百万はいるといわれていた。

 「ショロンの米蔵(Magazin de riz à Cholon)」

米は蔵を一杯に満たし
ごうごうと音をたてている。
精米機にかけられた米は
粒にされ、
選別され、
走り、崩れ落ち、噴出し
そして白く輝く
山となって現れる。

ショロン、それは
米の山
米の谷、
米の奔流、
米の洪水だ。

東方の民を太らせる
食糧
沢山の子どもたちが
大きくなるために
小雲雀のように
丸い口をあけて
米をほしがる。
沖合でも
山の彼方でも

メコンのデルタの残りの米は
アジアを太らせ、
アジアの様相を変え、
アジアの心を輝かせ
アジアの人びとの頬をつやつやと光らせる。

苦力に運ばれた米袋の
腹に鏝を差しこみ、
私は米を手に取り
掌のくぼみにのせる。

私は一粒一粒のエネルギーを
ぎゅっと握りしめる、
米粒は不思議な力をもっている、
それは人びとや、投資家を走らせ
考えさせ、創造者にする。(原文はフランス語、”POĒSIES INDOCHINOISES")

 ショロンとは安南語で大市場の意味で、メコン・デルタで生産される米は、みなここに運ばれてきた。仏印全体の米の収穫高は六百万トンで、そのうち輸出されるのは百五十万トンないし百八十万トンといわれ、仏印の米は三井が、タイの米は三菱が取り扱っていた。これらは日本をはじめ東南アジア諸国に輸出されて、アジアの人たちを養っていたのである。
 三千代は風物や自らの心情だけでなく、こうした現実を見逃さずに詩によんだ。彼女のうちには、かつて旅した各地で目にしたアジアの民衆の姿が浮かんでいたに違いない。 
[PR]
by monsieurk | 2017-03-11 22:30 | 芸術 | Trackback | Comments(0)
line

フランスのこと、本のこと、etc. 思い付くままに。


by monsieurk
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31