フランスのこと、本のこと、etc. 思い付くままに。


by monsieurk
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2011年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「幽幽自擲」ふたたび

 渡邊一夫先生自刻の印、「幽幽自擲」について書いたブログを目にとめて下さった、画家で書籍に造詣の深い林哲夫氏からご教唆いただいて、監修・串田孫一『渡邊一夫|装幀・画戯|集成』(一枚の繪社、昭和57年)をひもといてみた。
 渡邊先生はご自身の本や友人、後輩たちの本の装幀を数多く手がけられたが、これにはそうした装幀を中心に、若いときから親しんだ油絵、パリ・スケッチ、そして、ラブレー研究の余暇に、ラブレーが理想郷とした「テレームの僧院」のある想像上の島を石膏で作った作品などの写真が多く収められている。
 作家の中野重治は渡邊先生の装幀について、こんな裏話を披露している。
現物に即いての判断ということでは儲けものをしたこともある。自分の本の装幀を六隅許六に頼んだのがそれで、そのときの私は、この六隅が渡辺の仮りの名なことを夢にも知らぬでいた。とにかく私は、六隅許六という装幀者の名をどこかで知っていた。たった一冊で知ったのではなくて二冊くらいから知ったのだったかも知れない。それはほれぼれとさせる質のものであった。六隅という名の画家を私は知らなかったが、またこの珍しい名が仮名のように見えぬこともなかったが、そんなことはどっちでもかまわない、『楽しき雑談』の装幀をどうするかと問われて、私は筑摩に六隅氏に頼んでみてくれないかと答えておいた。今考えて、どうやら筑摩は六隅=渡辺の事実関係を知っていたのではなかったかと思う。私があまりにてんで知らぬものだから、筑摩の方で言い出しそれなりけりになったのだったろう。とにかく六隅氏は承知してくれたということだった。やがてそれが出来てきた。それは願ったり叶ったりで私に気に入った。
 六隅許六の手になるこの装幀は、丸いテーブルを貴婦人や僧侶、あるいは信者とおぼしき人たちが囲んで会食をしている図である。教え子である大江健三郎の『われらの時代』(中央公論、昭和34年)では、丘の上に立つ折れた十字架と、こちらを見つめる一つの目が描かれている。
 先生の自刻印については、本の最後に「印刻について」として、17個の印の写真が紹介されているが、残念ながら印面は分からない。ただ編者の串田孫一氏は、「なかでも晩年によく使われた『幽幽自擲』は先生らしい印である。これを押して手渡されたときの表情が忘れ難い。 / 先生の印は自由であって、面倒な約束事の多い篆刻とは自から異なるものである。従って先生らしい面白さが伝わってくる。」と書いている。
 探せばまだまだ渡邊先生の刻印のある本が出てくるかもしれない。ちなみに林哲夫氏には近刊の拙著『思い出しておくれ、楽しかった日々を 評伝ジャック・プレヴェール』の装幀をお願いした。これは掛け値なしで素晴しい表紙に仕上がった。店頭に並んだときはぜひ手にとってご覧いただきたい。
[PR]
by monsieurk | 2011-08-31 06:13 | | Trackback | Comments(0)

日常礼賛

 京都岡崎の京都市美術館で開かれている『フェルメールからのラブレター』と題する展覧会を観てきた。平日ということもあって行列することもなく入場でき、ゆっくりと作品を見てまわることが出来た。集められている43点は、目玉であるフェルメールの3点を含め、17世紀オランダで描かれた、肖像画や日常生活をテーマにしたものである。
 フェルメールの3点は、《手紙を読む青衣の女》(1663-64年頃、アムステルダム国立美術館)、《手紙を書く女》(1665年頃、ワシントン・ナショナル・ギャラリー)、《手紙を書く女と召使》(1670年頃、アイルランド・ナショナル・ギャラリー)で、いずれも日本初公開である。《青衣の女》は、アムステルダム国立美術館で修復作業が行われてから、初めて海外で展示されるもので、かつてアムステルダムで観たときよりも、女性が着ているゆったりとした服の青色が鮮やかさを増していた。
 《手紙を書く女と召使》は、かつてアイルランドでカトリックとイギリス国教会との間の激しい紛争が行われていたころ、その取材でダブリンを訪れた折に、きな臭い取材の合間を縫って観にいったことがあり、なつかしさも一入であった。近年、フェルメールの作品ははるばる招聘され、日本にいながら観ることが出来るが、世界各地に散らばった作品(現存するフェルメールの作品は36点ほど)が一堂に会する機会は滅多になく、その意味でも貴重な展覧会である。
 一緒に観てまわった知人は、フェルメールの3点が想像していたより小さいことに驚いていた。事実、今回の3点同様、オランダ・ハーグの「マウリッツハイス美術館」に所蔵されている《真珠の首飾りの少女》は44.5×39cmで、同美術館の《デルフトの眺望》の96.5×115.7cmというのが例外的なものである。
 展覧会では、ピーテル・デ・ホーホ、ヘラルト・デル・ボルフ、ヤン・ステーンといった名手の絵が多数展示されていて圧巻だった。なかでもヘリット・ダウ(Gerrit Dou)の初めて観た2点、《執筆を妨げられた学者》と《羽根ペンを削る学者》に魅了された。初見なのも道理で、いずれもニューヨークに住む個人の所蔵とのことである。
 ダウは1613年にライデンで生まれ、最初は版画やガラス彩色を学んだが、15歳のときにレンブラントの門弟となって、有名なレンブラント工房で3年間修行した人である。初期の作品にはレンブラントの影響があるが、やがて細密描写の技術を身につけて、独特の世界をつくりあげた。
 今回の2点はいずれも描かれる人物が一瞬示した表情や感情を封じ込めた作品で、《羽根ペンを削る学者》は、執筆の前に羽根ペンの先を削る学者の表情を克明にとらえている。口の端に皺をよせ、鼻の先にずりおちた老眼鏡ごしに、ペン先に視線を集中する学者先生の熱中ぶりは観るものの微笑を誘う。
 ところで17世紀のオランダで、なぜこうした肖像画や日常生活を題材にした絵が多数描かれたのか。それについてはツヴェタン・トドロフ(Tzvetan Todorov)が、"Eloge du Quotidien"(邦訳『日常礼賛』、白水社、2002)で、オランダの人たちがプロテスタントを信仰していたことが大きな理由だと述べている。
 トドロフによれば、オランダ・プロテスタント教会では聖像破壊の動きが高まり、そのおかげで絵画が宗教に従属する鎖を断ち切ることができ、またプロテスタント教会は信者を世俗的な生活から切り離すことがなかったから、日常生活の価値が高められていったというのである。
 そしてもう一つ、当時のオランダにあっては、東方貿易やチューリップの栽培で富を得た市民たちが出現し、彼らがこぞって自分や家族たちの肖像を描かせたのである。しかも彼らは宗教画のように無機質な背景ではなく、室内や家の中庭や職場で、普通に生活する姿で描かれることを望んだ。
 こうして多くの肖像画や風景画が生まれ、レンブラント、ヤン・ステーン、ダウ、フェルメールの日常生活を賛美する絵が残されることになったのである。展覧会は京都のあと、東京などでも開催されるという。
[PR]
by monsieurk | 2011-08-30 07:07 | 美術 | Trackback | Comments(1)

《スペイン交響曲》

 昨夜(8月21日)のNHKテレビ「N響アワー」で、久しぶりにエドゥアール・ラロの《スペイン交響曲ニ単調》を聴いた。ヴァイオリン独奏は、ベルリン・フィルのコンサートマスター、樫本大進。指揮は女流のスザンナ・マルッキ。樫本の情熱的で繊細なヴァイオリンは、N響のオーケストラと上手く会話しあって、すばらしい音を響かせていた。
 今年32歳の樫本は少年時代からその天才ぶりをうたわれたヴァイオリニストである。3歳でヴァイオリンを始め、7歳のときにニューヨークのジュリアード音楽院プレカレッジに入学を許され、1990年には第4回バッハ・ジュニア・コンクールで優勝。1996年、ロン=ティボー国際コンクールでは史上最年少で第一位となるなど、その豊かな才能は早くから期待されてきた。その証として、1998年には日本音楽財団から、1722年製のストラディヴァリウス「ジュピター」を貸与された。昨夜放送の演奏もこの名器によるものである。
 樫本がベルリン・フィルの第一コンサートマスターとなったのは昨年12月で、今年5月に、指揮者の佐渡裕が長年の夢だったベルリン・フィルの定期演奏会でタクトを振ったときは、緊張気味の佐渡に、「楽団には思っていることを指示するように」とアドヴァイスして、佐渡の成功を蔭で支えたという。
 昨夜の演奏を聴きながら思い出していたのは、高校生のときにわが家で聴いていた、ヤッシャ・ハイフェッツ(Jascha Heifetz)の《スペイン交響曲》だった。当時わが家は東京文京区の真砂町(この地名はいまはない)にあって、奥の日本間に場違いな電蓄が置かれていた。この大型の電蓄がいつごろからわが家にあったのか記憶は定かでないが、それで6枚組みのビクター・レコードを畳に寝転びながら、文字通りすり切れるほど聴いたものだった。このレコードがなぜわが家にあったのか。おそらく父がどこかから貰ってきたのだろう。レコードは疾うになくなっているが、調べてみると、ヤッシャ・ハイフェッツのヴァイオリン、ウィリアム・スタインバーグ指揮、RCAビクター交響楽団演奏のものである。
 《スペイン交響曲》は1874年に、ラロがサラサーテのために作曲して、1875年2月にパリで初演された。随所にスペイン風の主題がちりばめられ、フランスにおけるスペイン趣味の流行を先取りしたものだった。ちなみにビゼーの歌劇《カルメン》の初演は、この1カ月後のことである。
 ハイフェッツは第3楽章をカットして演奏していたが、これは19世紀から20世紀前半までは普通に行われていたことで、全5楽章が演奏されるようになったのは、メニューヒン以降のことだという。記憶に残るハイフェッツのヴァイオリンは、ロマンチックな感情移入と、情熱的でキレのよい演奏がいまも耳底に残っている。
 樫本大進のしなやかなヴァイオリンは、テクニックの冴えで往年のハイフェッツを髣髴とさせる心地よい響きを届けてくれた。大満足の1時間だった。
[PR]
by monsieurk | 2011-08-22 12:17 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ノーベル文学賞

 かつて『ノーベル文学賞』という本を書いたせいで、ノーベル賞の季節になると、毎年どこかのマスコミから、村上春樹氏の受賞の可能性について問い合わせがある。昨年も村上氏は候補者になっていて、何でも賭けの対象にするイギリスのブック・メーカーの予想では、6番目のグループに入っているということだった。
 村上氏の作品は、1987年に発表された『ノルウェイの森』以来、書かれるものはヒットして、欧米でもほとんどの作品が翻訳されている。日本の現代作家で翻訳された作品の数では村上氏が一番多く、作中に流れる感情はアメリカやヨーロッパの人たちに違和感なく受け入れられている。それは彼がアメリカ文学の影響を受けていることもあって、時代の普遍的価値観を共有しているあらわれでもある。2006年にはフランツ・カフカ賞を受賞し、この賞を受けた作家が立て続けにノーベル賞を授与されたために有力視されたが、受賞にはいたらなかった。
 昨年2010年のノーベル文学賞は、ペルー作家マリオ・バルガス=リョサに与えられた。彼はラテンアメリカ文学を代表する作家で、『都会と犬ころ』、『緑の家』などの小説のほかに、フローベールに関する研究書があり、評論家としても高く評価されている。委員会は、「権力の構造と個人の抵抗や反抗、敗北を痛烈に表現した」と受賞理由を述べている。
 このところのノーベル文学賞は、2008年はフランスの作家ジャン=マリー・ル・クレジオ、2007年はイギリスの女性詩人ドリス・レッシングで、彼女は叙事詩の詩人として評価された。2006年はトルコの作家オルハン・パムク。彼は東西の文明が交錯し衝突する状況を描いた独特のテーマをもる作品を多く書いている。その前の年の2005年は、イギリスの有名な劇作家ハロルド・ピンターが受賞したが、彼の作品は日常の会話のなかに隠された危機をたくみにすくい上げたもので、やはり私たち現代人の精神状況を描ききっている。
 アルフレッド・ノーベルの最初の構想に文学賞はなかったことはあまり知られていない。ノーベルは遺書を何度も書き換えたが、ノーベル賞の創設をうたった最後の遺書は1895年に書かれた。彼はこのころイギリスの司法制度を揶揄する戯曲『特許パチルス』を創作し、このことが彼に文学の重要性を改めて思い知らせたのだった。ノーベルはもともと文学好きだったが、自分が発明した無煙火薬の特許をめぐるイギリスでの裁判に負けたことからこの戯曲を書き、それがノーベル文学賞につながったのである。
 もっとも1925年に賞を受けた劇作家のバーナード・ショウは、「ダイナマイトを発明したのはまだ許せるとしても、ノーベル文学賞を考え出すなんて言語道断だ」と皮肉っている。価値観も叙述形式も違う文学作品を、一体どうやって評価し、優劣を判定するのかというわけである。
 『ノーベル文学賞』という本を出してしばらくは、どうしたらノーベル文学賞が取れるかという真剣な電話をもらったことが幾度かあるが、文学賞の選考は、ノーベルに託されたスウェーデンのアカデミーが行っている。ノーベル賞委員会は、まず600から800の推薦状を世界のペンクラブの会長や著名な作家、評論家などに送って候補者を推薦してもらう。こうして出来る候補者リストは100人から150人といわれる。そこからスウェーデン・アカデミーの事務局がさらに候補者を絞りこみ、委員の意向を汲んで6人から7人の最終候補者リストをつくる。それをもとにアカデミーで議論をしたあと、会員全員の無記名投票が行われ、多数決によって受賞者が決定される仕組みで、このためにはスウェーデン・アカデミーの会員たちが作品を読んでいる必要があるわけである。
 アカデミーの会員は母国語はもとより、英仏独などヨーロッパ系の言語は読みこなせるが、日本語をはじめ多くの言語に通じているわけではない。そこで候補になるには欧米の言語に代表作が翻訳されている必要があり、ノーベル財団の規約には、「その作品の評価に多大な労力と努力が必要な場合に、推薦の検討を加えなくてもよい」という条項がある。
 2000年に受賞した中国人の高行健は、中国文学に新たな道を開いたというのが受賞の理由だったが、じつは彼の作品はフランス語で書かれていた。その点、村上春樹氏の作品は英語にもフランス語にもなっているから問題はないのだが・・・
 今年も文学賞をはじめノーベル賞の各賞の選考は夏休みが明けると最後の段階に入る。刊行以来20年がたつ『ノーベル文学賞』の方も、増補改訂版を出す話が進行中である。
[PR]
by monsieurk | 2011-08-21 07:05 | | Trackback | Comments(0)
 放送大学の特別講義『映像による文学理解~「マラルメとの対話」を用いて~』はいまも時折放送されているが、これをつくるきっかけは、フランスの著名な映画作家エリック・ロメール(Eric Rohmer)が1968年に製作した教育用の映画、『マラルメとの対話(Entretien avec Mallarmé)』のDVDを見たことである。
 40年前に白黒の映画としてつくられた作品は、2004年4月17日にパリのシャイヨー宮にある「シネマテーク」で上映され、その際にロメ-ル自身が製作の動機や内容を解説するスピーチを行った。DVDにはこのスピーチと27分の映画が収録されている。
 映画はマラルメが生前、ジャーナリストのジュール・ユレ(Jules Huret)と行ったインタビューのテクストの一部、さらにマラルメが発表した散文、手紙、プロポなどから抜粋してつくられた台詞を、マラルメに扮した俳優のジャン=マリ・ロバン(Jean Marie Robain)が、ロメールの問い(これだけが創られたもので、質問はロメール自身が画面の外からオフで行っている)に答えて語るという形式をとっている。
 驚かされるのは、抜粋されたテクストの選択の確かさである。27分の中で、マラルメの詩作への信念、教師として生きる日常生活の苦い思い、時代を共に生きたマネ、ホイスラー、ルドンなどの画家の仕事やドビュッシーの音楽の評価、そして最大の課題であった詩と音楽の関係などについて、じつに的確な選択が行われている。さらにこうした応答には、マラルメの代表的な詩篇(初期のものから最後の作品『賽の一振り(Un Coup de dés)』まで)のテクストがはさまれている。
 ロメールが選んで巧みに編集した映画用のテクストは、「マラルメのダイジェスト」として申し分がなく、マラルメに扮した俳優ジャン=マリ・ロバンがこれら一連のテクストを、詩人を髣髴とさせる口調と仕草で語って聞かせるのである。舞台は有名なローマ街のサロンを完璧に再現した部屋。ロメールの40年前のアイディアにほとほと感心する。
 特別講義は、映画の日本語訳をスーパ・インポーズと吹き替えで紹介し、スタジオで解説を加えたものである。
 エリック・ロメール(本名Jean-Marie Maurice Scherer、1920年4月4日生れで、2010年1月11日に89歳で亡くなった)は、大学で文学を専攻し文学教師の資格を得て、高等中学校(Lycée)で古典文学の講師をするかたわら映画評論を書き始め、「カイエ・ド・シネマ」に寄稿し、1957年から63年までは同誌の編集長をつとめた。その後、映画製作に乗り出し、ゴダールと並ぶ「ヌーヴェル・ヴァーグ」を代表する映画作家となった。代表作には『海辺のポーリーヌ(Pauline à la plage)』(1983)や『友だちの恋人(L’Ami de mon ami)』(1987)などがあり、日本でも公開されて好評だった。
 その彼が1960年代には、この『マラルメとの対話』の他にも、『ヴィクトル・ユゴーの瞑想詩集(Victor Hugo: Les Contemplations)』(1966)、『ヴィクトル・ユゴー、建築家(Victor Hugo architecte)』(1969)、といった教育映画を製作していていたのである。シャイヨー宮での上映会ではこの3本が同時に上映され、あらためて注目された。
 ステファヌ・マラルメの詩の世界は難解だとされ、フランスでも敬遠されがちだが、リセの学生たちをその世界に誘う方法として、テクストの読解だけでなく、視聴覚を活用することを考えたロメールにあらためて賛意を表したい。ご関心の向きは、ぜひ放送大学の特別講義をご覧頂きたいものである。(手元にこれを収録したDVDもあるので、お貸しすることは可能である。)
[PR]
by monsieurk | 2011-08-19 12:12 | マラルメ | Trackback | Comments(0)

幽幽自擲

 夏は古本市の季節でもある。京都にいたときは、下鴨神社の境内で開かれる市によく足を運んだものだった。境内の緑陰に、京都をはじめ関西の古本屋が店を開き、一通り見てまわるだけで二、三時間はかかった。それでもなにか掘り出し物があれば足の疲れも忘れてしまう。本好きとはそんなものである。
 今年は八月中旬に、東京・渋谷の東急東横店で開催された古本市で思わぬ出会いがあった。渡辺一夫著『世間噺・後宮異聞』(筑摩書房、一九七五)である。これはラブレーを専門とする渡辺一夫先生が最後に書かれた作品で、副題に「寵姫ガブリエル・デストレをめぐって」とある通り、十六世紀後半にフランス国王となったアンリ四世の寵愛をうけた女性ガブリエル・デストレの生涯をたどりつつ、宗教戦争にゆれる当時の世情を描いたものである。
 渡辺先生はこの本を書き上げた直後病に倒れ、本の上梓を目にすることなく亡くなった。このとき私はパリに駐在していて、やはりパリにいた先生のご子息の格氏とその前日に食事を共にしたばかりだった。格氏とは駒場で同じフランス語既習クラスで学んだ仲であった。本郷の仏文科に進学してからは大学院の授業だった渡辺先生の「ラブレー演習」にも特別に出席を許され、駒込のご自宅にもよくお邪魔するようになった。格氏から電話で、先生が亡くなったという知らせを受けたときのショックをいまでもはっきりと思い出すことができる。
 古本市の書棚をのぞいていくと、ふと目にとまったのが『世間噺・後宮異聞』だった。帰国後に購った本が書棚のどの辺にあるかもだいたい分かっていたが、懐かしさにかられて本を手に取った。箱から出して表紙をめくると、そこに縦九センチ、横五.五センチの薄茶の硬い紙に、「深い感謝の / 心をこめて」と黒インクで献辞が書かれ、さらに「幽幽自擲」と彫った印が朱で押されたものがはさまっていた。定価を見ると千円。すぐに購入したのは言うまでもない。
 渡辺先生はペン画をよくされ、この本でも各章の扉絵はご自分で描いている。ただ「あとがき」はお書きになることができず、芳枝夫人が、「夫 渡辺一夫のこと――あとがきにかえて」で、「「やすっぽけな」小さな仕事机に向って、背中をまるめ煙草を喫いながら、一所懸命に本を読み、原稿を書き、疲れると硝子戸越に庭を眺めたり、紙屑で一杯になった屑籠を持って、焼却器で燃やしたりしていたあの元気な様子が目に浮んでくる。どうにもならないこの現実を、現実と認めなければならない辛さを、これから先どうしたら耐えてゆかれるのであろうか」と書いておられる。
 先生は先輩の鈴木信太郎先生の影響もあって篆刻もなさっていたから、この「幽幽自擲」(いうまでもなく「悠々自適」のもじりである)は、諧謔好きの渡辺先生の作に間違いないが、「深い感謝の / 心をこめて」という文字は、私が知る先生の筆跡とは違うような気もする。先生は本の完成を見ずに亡くなり、最後の原稿の整理、校正はお弟子の二宮敬先生たちがやられたことを考えると、先生以外の方、ひょっとすると奥様の手になるものかもしれない。機会があれば、格氏に尋ねてみたいと思っている。
 それにしても、先生は最後は、「自を擲げすて」て、「幽幽と」生きる心境になっておられたのだろうか。
[PR]
by monsieurk | 2011-08-16 21:32 | | Trackback | Comments(0)