ムッシュKの日々の便り

monsieurk.exblog.jp ブログトップ

パン屋

 今いるバルマ(Balma)は人口1万3千の比較的小さな郊外の住宅地です。以前書いたように、教会の周辺に小型スーパー「カルフール」があり、車で5分のところには大型スーパー「アンテル・マルシェ(Inter Marché)」があって、食料品から家具、電気製品、本まで購入できます。ただ毎日のパンとなると、住民の多くは教会の近くに固まって店を開いている3軒のパン屋へ買いに行きます。3軒の店のパンの味は微妙に異なり、各家庭で贔屓にする店が違っています。わが家はもっぱら教会の隣に店を構える写真の店で、朝と晩にパンを買うようにしています。
d0238372_312550.jpg


 お米が主食の日本では家でご飯を炊きますが、パンは自家製というわけにはいかず(日本では優れもののパン焼き器で自宅でパンを焼くようですが、こちらではまったく普及していません)、主食のパンはパン屋へ買いに行かなくてはなりません。一日分をまとめ買いする人もいますが、近くの人は朝夕買いに出かけます。パンが何本も入った紙の袋を手にもったり小脇にかかえたりして歩いている人をよく見かけるのはそのためです。

続きを表示する
[PR]
# by monsieurk | 2011-07-20 06:12 | フランス(生活) | Trackback | Comments(0)

給水塔と写真展

 トゥールーズの歴史的建造物の一つに、1823年に建設されたレンガ造りの給水塔(Le Chateau d’Eau)があります。これは当地出身の法律家シャルル・ラガンヌ(Charles Laganne)が、1789年(フランス革命の年です)に亡くなる前に金貨5万枚を市に寄付し、その資金できれいな飲み水を供給する施設として、ガロンヌ川の岸辺につくられました。大きな水車をまわして川から水を塔の中に汲み入れ、それを濾過して市内の50カ所ほどに配水する施設で当時としては画期的なものでした。
d0238372_21441910.jpg
水を汲み揚げる巨大な水車


続きを表示する
[PR]
# by monsieurk | 2011-07-18 21:50 | フランス(歴史) | Trackback | Comments(1)

マサット村

 16日土曜の夜から日曜日まで、マサットの山荘へ行ってきました。マサットはトゥールーズから車を飛ばせば1時間半の距離ですが、そこはもうピレネーの山懐に抱かれた村です。ここはクリストフ(娘の夫)の祖母の出身地で、彼らはパリに住んでいた13年前に土地付きの古民家を買い、その後トゥール-ズに移ってからは暇ができると息抜きにやってきます。写真で見るように、石積みの家は築100年をこえ、購入後にいろいろと手を入れて住み心地をよくしてきました。電気の暖房も全室に備わっていますが、一階のサロンには大きな暖炉があり、冬などは薪が燃える色がやわらかく部屋を照らします。クリスマス(Noël)には暖炉のわきに、山から切ってきたモミの木を立ててクリスマス・ツリーの飾りつけをします。
d0238372_1329217.jpg


続きを表示する
[PR]
# by monsieurk | 2011-07-18 14:01 | フランス(旅行) | Trackback | Comments(1)

トゥ-ル・ド・フランス

 フランスのテレビは、自転車のプロ・ロードレース「トゥール・ド・フランス」の様子を連日生中継しています。パリ駐在特派員だった当時、このレースの放送権をNHKが持っていて、フランスのテレビ局の映像に加えて独自取材も行いましたから、ひときわ関心があります。
 平均時速40キロで走り抜ける選手たちを、ヘリコプター、オートバイ、自動車から、何台ものカメラで映して中継するのは大変でした。1985年から91年まではNHKのBSで放送し、その後はフジテレビが放送権を獲得し、いまは日本ではJSPORTSで生中継されているはずです。
d0238372_18393294.jpg


続きを表示する
[PR]
# by monsieurk | 2011-07-16 18:40 | フランス(生活) | Trackback | Comments(0)

「金の鳩」

 旅行2日目は、近くのサン=ポール=ド=ヴァンス(Saint Paul de Vence)を訪ねました。カフェのテラスで、クロワッサンとコーヒーの朝食をとったあと、「バスなら1ユーロ。車は駐車場を探すのに一苦労する」というホテルの人のアドヴァイスに従って、9時30分発のニース行きの路線バスに乗ることにしました。バスはホテルから歩いて5分のロン・ポワン(複数の道が交わる交差点)にあるバス・ターミナルから出ています。
 ニースまでは1時間10分の道のりですが、坂道を7分ほど下ると、もうそこがSaint Paul Village(サン・ポール村)というバス停です。サン=ポール=ド=ヴァンスは、ヴァンスの旧市街と同じように中世につくられた城塞で囲まれた街です。
 ここへは過去にも来たことがあるのですが、今回の目的は「金の鳩」(La Colombe d’Or)というホテル兼レストランの位置関係をあらためて確認することでした。
d0238372_1233432.jpg


続きを表示する
[PR]
# by monsieurk | 2011-07-16 01:49 | フランス(旅行) | Trackback | Comments(0)
line

フランスのこと、本のこと、etc. 思い付くままに。


by monsieurk
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31