ムッシュKの日々の便り

monsieurk.exblog.jp ブログトップ

アルベール・カミュ「砂漠」Ⅳ

 もっとも忌まわしい唯物主義は、一般に考えられているものではない。それは死んだ観念を生きた現実と見なし、私たちの裡で永久に死すべきものに向ける執拗で明晰な注意を、不毛の神話の上で逸らそうとするものだ。思い出すが、フィレンツェのサンチシマ・アヌンツィアータの死者たちを祭った教会の中庭で、何かに心を奪われたことがあった。それは悲哀と思われたが、実は怒りだった。雨が降っていた。私は墓石や奉納物の上の碑銘を読んだ。それらは優しい父や、忠実な夫のものだった。あるいは最良の夫で、同時に抜け目のない商人だった。あらゆる美徳の鑑であった若い女性は、《まるで生まれた国の言葉のように( si come il nativo)》フランス語を話し、彼女は一家の希望だった。《しかし喜びは地上の束の間のものだ (ma la gioia e pellegrina sulla terra)》。ただこうしたものは、まったく私を動揺させなかった。碑銘によると、ほとんどすべての人が死を甘受していた。それは彼らが別の義務を受け入れていたから、きっとそうなのだ。今日では、子どもたちが中庭に入り込み、死者の美徳を永遠たらしめようとする墓石の上で、馬跳びをして遊んでいた。そのとき夜の帳が降りてきた。私は背を柱にもたせかけ、地面に腰を下ろしていた。さっき一人の僧が通りかかり、私に微笑みかけた。教会のなかでは、オルガンが幽かに奏でられ、その旋律の熱っぽい色彩が、ときどき子どもたちの叫び声の背後で聞こえた。たった一人、柱を背にしている私は、喉をしめつけられ、最後の言葉として信仰を叫ぶ者のようだった。私のすべてが、こうした忍従のようなものに抗議していた。《しなければならぬ》と碑銘は告げていた。しかしそうではない。私の反抗こそ正しかったのだ。地上の巡礼のように、無心で、没入するこの喜び。私はそのあとを一歩一歩ついていかなくてはならなかった。その他のことには、私はノンと言った。全力でノンと言った。碑銘は虚しく、人生は《昇る陽もあれば沈む陽もある》と私に教えてくれていた。だが今日では、その虚しさが私の反抗から何を奪っているのかは分からず、むしろ反抗の意義が加わるのを強く感じる。(続)
[PR]
# by monsieurk | 2017-08-04 22:30 | | Trackback | Comments(0)

アルベール・カミュ「砂漠」Ⅲ

 そう、人びとによって明らかにされた教訓を、イタリアは風景によっても惜しみなくあたえる。しかし幸福が欠けることはよくある。なぜなら、それは常に不当なものだからだ。イタリアに関しても同じだ。その恵みは、たとえ唐突であっても、常に直接的とは限らない。他のどの国よりも、イタリアは一つの経験を深めるように誘う。とはいえ、それは最初にすべてを委ねているように見える。それというのもイタリアは、第一に、詩をふんだんに撒き散らし、その真実を一層うまく隠してしまう。その最初の妖術は忘却の儀礼だ。すなわち、モナコの夾竹桃、花と魚の臭いで一杯のジェノワ、リギュリア沿岸の青い空。それにピサ。ピサとともにリヴィエラの、いささか下品な魅力を失くしたイタリア。それでもイタリアは相変わらず気さくだし、どうしてその官能的な魅力に身を委ねずにいられよう。ここにいる間、私は何にも強制されず(私は割引切符のせいで、《自分が選んだ》街にしばらく留まらなくてはならず、追い立てられる旅行者の喜びを奪われている)、最初の夜は、愛することと理解することの忍耐が、際限のないように思えた。私はその夜、疲れと空腹をかかえてピサの街に入った。駅前の大通りで私を迎えたのは、群衆に向けて、歌謡曲を雷鳴のように吐き出している十数のスピーカーだった。群衆のほとんどが若者だった。私にはこのときすでに、自分が何を期待しているかが分かっていた。この生の躍動のあとにあるのは、いつもの奇妙な瞬間だろう。店仕舞いしたカフェ、突然また戻ってきた静寂。私はそのなかを、暗い小路を通って街の中心に向かうのだ。黒や金色に光るアルノ河、黄色や緑色の遺跡、人気のない街。夜十時のピサは、沈黙と水と石の不思議な書割に変わる。突然で巧妙なこのからくりを、どう描写すればよいだろう。《それは同じような夜だよ、ジェシカ!》。このユニークな丘の上に、いまこそ神々が、シェイクスピアの恋人たちの声とともに姿をあらわす・・・夢が私たちに相応しいときは、夢に身を委ねることを知る必要がある。人びとがここへ探しにくるものより、もっと内面の奥にある歌。その最初の和音を、私はすでにイタリアの夜の底に感じていた。明日、明日にさえなれば、朝には野が丸く円を描くことだろう。だが今宵は、私はここで、神々のなかの神であり、「恋に運ばれる足どりで」逃れ行くジェシカの前で、自分の声をロレンツォの声と混じり合わせる。だがジェシカは口実でしかない。この恋の躍動は彼女を超える。そう、私が思うに、ロレンツォは、愛すことを許されるのに感謝するほどには、彼女を愛していない。でもなぜ今宵はヴェニスの恋人たちを思い、ヴェローナを忘れているのだろう? それは、ここでは不幸な恋人たちを慈しむように促すものが、何もないからだ。恋のために死ぬほど虚しいことはない。必要なのは生きること。生けるロレンツォは、たとい薔薇に囲まれていようと、地下に埋葬されたロメオよりもずっとましだ。だとすれば、生きているこの愛の祭りで踊らずにいられようか ―― 私はその日の午後、いつだって訪ねられるピアッツア・デル・ドゥオの丈の低い草の上で眠って過ごした。水は少し温いが、絶えず流れている街の泉で喉を潤し、鼻が高く、口元は高慢だが、笑っている女の顔を振り返って見る。こうした秘儀が、より高次な啓示を準備しているのを理解するだけでいい。それはディオニソスの秘儀をエレウシスにもたらす輝かしい行列だ。人間が教訓を準備するのは喜びのなかでだし、陶酔が頂点に達したとき、肉は意識を持ち、黒い血と、その象徴である聖なる神秘との交わりが成立する。この最初のイタリアの情熱のなかで汲み取られる自我の忘却こそが、私たちを希望から解放し、私たちを歴史から奪い去る教訓を準備する。美の光景を前にした肉体と瞬間との二重の真実、待ち望まれた唯一の幸福にしがみつくように、それに執着ぜずにいられよう。その幸福は私たちを恍惚とさせ、同時に滅び去らなくてはならない。(続)
[PR]
# by monsieurk | 2017-08-01 22:30 | | Trackback | Comments(0)

アルベール・カミュ「砂漠」Ⅱ

 魂の不滅性、それが分別ある多くの人びとの精神を占めているのは事実である。だがそれは、彼らがその樹液を使い果たしてしまう前に、彼らにあたえられた唯一の真実、つまり肉体を拒否してしまう。なぜなら肉体は、彼らに問題を課したりはしない。少なくとも、彼らは肉体が提案する唯一の解決策を知っているからだ。真実は必ず朽ち果てるものだし、だから真実は、彼らがあえて正視しようとしない、ほろ苦さと気高さをまとっている。分別のある精神は、肉体よりも詩を好む。なぜなら詩は魂の事柄だからだ。人びとは、私が言葉遊びをしていると感じるかもしれない。しかし人びとは、私が、真実から、詩をもっと高度なものにしようと努めているだけだということを理解してくれるだろう。その詩とは、チマブエからフランチェスカにいたるイタリアの画家たちが、トスカナの風景のなかで培ったあの黒い焔であり、それはちょうど、大地に投げだされた人間の明晰な抗議のようなものだ。そしてこの大地の繁栄と光は、絶えず、存在しないひとつの神ついて人間に語る。
 無感心と無感覚のおかげで、一つの顔が一つの風景の無機質の偉大さに合致することがある。スペインの一部の農民たちが、彼らの土地のオリーブの木に似てくることがあるように、ジオットの描く顔は、魂が己れ自身をあらわしている滑稽な影を奪われて、終いには、トスカナ色が溢れているその唯一の教訓のなかで、トスカナ自体に合致してしまう。その教訓とは、情緒を犠牲にした情熱の遂行、禁欲と享楽の混合、大地と人間への共通の反響であって、それによって人間は、大地と同じように、悲惨と愛の途中で自分を定義する。それで心が安堵するような真実などありはしない。そして私は、次のことが確かなのを知っている。それはある夕暮のことだったが、そのとき影が、沈黙の大きな悲しみが、フィレンツェの原野のブドウやオリーヴの樹木を浸しはじめていた。だがこの地方の悲しみは、美の注釈以上のものではない。そして私は、夕暮をぬって走る汽車のなかで、自分のなかで何かがほどけるのを感じた。今日でも、こうした悲しみの顔を思い浮かべて、なお、それが幸福と呼ばれるのを、私は疑うことができるだろうか。(続)
[PR]
# by monsieurk | 2017-07-29 22:30 | | Trackback | Comments(0)

アルベール・カミュ「砂漠」Ⅰ

 これからしばらくは、アルベール・カミュのエセー『結婚』から、訳し残した「砂漠」を掲載する。

    砂漠
          ジャン・グルニエに

 生きること、それはむろん、表現するのとはやや逆のことだ。これについてのトスカナの巨匠たちの言を信ずるなら、それは三度、すなわち沈黙と、焔と、動かぬことのなかで証言される。
 彼らの絵の人物たちが、フィレンツェやピサの通りで毎日出会う人たちだと気づくには大分時間を要する。だが同時に、私たちは周囲の人たちの本当の顔を見る術を、もはや知らないでいる。私たちはいまや同時代の人びとの顔をじっと見たりはしない。ただ、彼らのうちにあって、私たちの意向に沿うもの、私たちの行為を規律だてるものを強く望むだけだ。わたしたちは顔よりも、もっとも卑俗なその詩の方を好む。だがジオットやピエロ・デッラ・フランチェスカは、人間の感受性など何ものでもないことを知っている。それは実際のところ、心はみなが持っている。だが、憎しみ、涙、歓びといった、生きることへの愛がそこに引き寄せられる、単純で永遠で偉大な感情は、人間の奥底で増殖され、その宿命の顔を造形する。――ジオッテーノの埋葬のなかで描かれたように、マリアの、食いしばった歯に現れている苦悩がそれだ。トスカナの教会の巨大なマエスタ〔キリストを抱いたマリア〕の数々では、他のものから転写され続けてきた顔をもつ天使の一群を目にした。そして私は、これら沈黙する情熱的な顔の一つ一つに孤独を認めるのが常だった。
 問題なのは、まさにピトレスクであり、エピソードであり、ニュアンスあるいは感動するものだった。つまり詩が問題となるのだ。大事なのは真実だ。そして私は、持続するものすべてを真実と呼ぶ。この点に関しては、ただ画家だけが私たちの餓えを鎮めてくれるといった、考えなくてはならない微妙な教訓がある。それというのも、彼ら画家だけが、肉体の小説家となる特権をもっているからだ。彼らは、現在と呼ばれるこの壮麗で移ろいやすい材料で仕事をするからだ。そして現在は常に仕種のなかで思い描かれる。彼らは、微笑、儚い羞恥、悔恨、期待はなどは描かず、骨がつくる浮彫りの顔と、血の熱さを描く。彼らは永遠の線のなかに凝縮された顔という顔から、精神の呪いを永久に追放してしまった。それが希望の代償だった。なぜなら、肉体は希望を知らず、脈打つ血しか知らないからだ。肉体に固有の永遠は、無関心からなりたっている。丁度あのピエロ・デッラ・フランチェスカの《笞刑》のように、きれいに洗われた中庭で拷問されるキリストと、屈強な肢体の死刑執行人は、その態度で同じような放心を示している。それはまさしく、この体刑には続きがないからである。そしてこの教訓は、画布の枠内に留まっている。明日を期待しない者にとって、感動するどんな理由があるだろうか? 希望をもたない人間のこの無感動とこの偉大さ、この永遠の現在、それこそが、まさに分別ある幾人かの神学者たちが地獄と呼んだものだ。地獄とは、誰もそれを知らことはないように、苦しむ肉のことでもある。トスカナの人たちが立ちどまるのはこの肉であり、その宿命ではない。預言的な絵画といったものはない。希望を抱く理由を探さなくてはならないなら、それは美術館のなかではない(続)
[PR]
# by monsieurk | 2017-07-26 22:30 | | Trackback | Comments(0)

アイヌの骨の返還

 毎日新聞電子版に次のような記事が載っていた。

【ベルリン中西啓介】北海道で盗掘されたアイヌ民族の遺骨がドイツで保管されている問題で、日本政府は遺骨を所有する独民間学術団体「ベルリン人類学民族学先史学協会」(BGAEU)と返還について合意し、31日にベルリンの在独日本大使館で遺骨の返還式を行うことを決めた。複数の関係者が明らかにした。19世紀後半以降、アイヌ民族の遺骨が人類学などの研究対象として海外に持ち出されたが、外交ルートを通じた返還が実現するのは初めて。
 また、日本は2007年に国連で採択された「先住民族の権利に関する宣言」に賛成しているが、返還は宣言に盛り込まれた「先住民族の遺骨返還への努力」を政府が履行した最初の例になる。  返還されるのは、1879(明治12)年にドイツ人旅行者ゲオルク・シュレージンガーが札幌のアイヌ墓地から収集した頭骨1体。シュレージンガーは19世紀の民族学誌で「夜の闇に紛れて入手した」と盗掘による収集だったと認めている。遺骨はBGAEU設立を主導したベルリン大教授のルドルフ・ウィルヒョウに研究資料として提供されていた。
 BGAEUは昨年12月の毎日新聞の取材で、遺骨が「不当な手段」で収集された可能性があることを把握。測定や資料照合の結果、今年1月、「倫理的に許されない手段で収集された」と認め、日本政府と返還協議を行う意向を表明。内閣官房アイヌ総合政策室が在独日本大使館を通じ返還協議を進めていた。  返還式には、北海道アイヌ協会の加藤忠理事長がアイヌ民族を代表して出席。BGAEUのアレクサンダー・パショス代表、日本政府の代表者と共に、返還合意文書に署名する予定だ。ドイツ以外の外国にも複数のアイヌ遺骨が散逸しており、今後返還が実現する場合、今回の政府主催による返還式がひな型になる見通しという。

 幕末の北海道では、来日した欧米人による「アイヌの骨」盗掘事件は繰り返された。d0238372_82431.jpg 
 この不届きな出来事に毅然として立ち向かったのが、当時の箱館奉行小出大和守であった。この経緯については、吉村昭が『黒船』で詳しく書いている。『黒船』は長崎通詞の家に生まれた掘辰之助の生涯を通して、ペリー来航以来、外国との折衝を余儀なくされた日本の姿を描いたもので、そのなかにイギリス人によって盗掘された「アイヌの骨」を取り戻す件が出てくる。
 大和守が箱館奉行として赴任したの文久元年(一八六一年)九月。事件は、十二月二十六日に、平次郎という男が奉行所に来て訴えに及んだことが発端だった。平次郎は箱館の北方、噴火湾に面した森村から北西三里にあるアイヌ人集落の落部村を管理する年寄だった。イラキサンとトリキサンという二人のアイヌが平次郎の許にきて、十三カ所の墓が異国人によって暴かれたと訴え出た。
 異国人は三人で、そのうちの一人はトローンという名のイギリス人で、顔に小さなあざがあるという。訴えのあった翌日、運上所に一人のアメリカ人が来て、外人の間にアイヌの骨を盗掘しているという噂が流れているが、それをご存知かと言った。
 小出奉行は直ちに、自ら英国領事ワイスのもとに赴いて談判したが、イギリス側は言を左右にして言い逃れようとした。これまでの外国との折衝では、日本側が弱腰で、列強の言い分を飲まされることが多かった。だが小出大和守は違っていた。彼は理詰めに相手を追い詰め、最後はイギリス側に、トローン、ケミッシュ、ホワイトリーの三人が、イギリス領事館の小使い千代吉を伴って森村に行って墓所をあばき、全体骨三体と頭蓋骨一個を盗み去ったことを認めさせた。この折衝の通訳と文書の翻訳を行ったのが通詞の掘達之助であった。
 当時、アイヌは縄文土器時代の日本人から発達した人種とされ、人類学上、ヨーロッパ各国の学者の強い関心の的になっていた。事件の顛末は江戸に伝えられ、江戸幕府とパークス公使との折衝となった。パークスの調査で、骨は領事ワイスの兄のイギリスのワイス大佐の許に送られていたことが判明した。
 こうして事件は、骨を六カ月以内にすべて返却すること、イギリス側が賠償金を払うことで決着した。クラレンド外相から、辞職か免官かを迫られたワイス元領事は、最後には自ら辞職した。
 今回のドイツからの百数十年びりの返還は、明治の時代になってからも、アイヌの骨を外国に持ち出す事件があったことを明かしている。
[PR]
# by monsieurk | 2017-07-23 22:30 | 時事 | Trackback | Comments(0)
line

フランスのこと、本のこと、etc. 思い付くままに。


by monsieurk
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30