ムッシュKの日々の便り

monsieurk.exblog.jp ブログトップ

デボルド=ヴァルモールの詩Ⅰ

 ヴィリエ・ド・リラダンの研究家で名訳者だった斎藤磯雄の著作に、『詩話・近代ふらんす秀詩鈔』(立風書房、昭和47年(1972)12月)がある。取り上げられているのは、ヴァルモール夫人(原著の表記はヴァルモオル)、ネルヴァル、ボードレール(ボオドレエル)、マラルメ、ヴェルレーヌ(ヴェルレエヌ)ランボー(ランボオ)の6人で、それぞれ代表的な作品の翻訳と評釈があり、一般読者はもとより研究者にとっても参考になる知見に満ちている。
 冒頭のマルスリーヌ・デボルド=ヴァルモール夫人については、「サアディの薔薇(Les roses de Saadi)」、「哀歌(Elégie)」、「わが部屋(Ma Chambre)」、「花失せし冠(La Couronne éffeuillée)」の4篇が取り上げられている。冒頭の「サアディの薔薇」についてはこう述べられている。

 「『初花の芳(かぐは)しきかな』とヴェルレエヌがいふ。マルスリイヌ・デボルト・ヴァルモオル Marceline Desbordes-Valmore(1786-1859)は謂はばロマンティスム早春の花であり、後の巨匠ラマルティイヌ、ユゥゴオ、ミュッセさへすべて色褪せたかに見ゆる今日、なおその馥郁の氣を失はず、抒情の清新、感動のみづみづしさは驚くばかりである。――先ずわれわれは何の先入見も抱かず、虚心に、一篇の詩を誦してみよう。

 サアディの薔薇

この朝(あした)きみに薔薇(そうび)捧げんと思ひ立ちしを、
摘みし花むすべる帯にいとあまた挿(はさ)み入るれば
張りつめし結び目これを抑ふるにすべなかりけり。

結び目は破れほどけぬ。薔薇の花、風のまにまに
飛び散らひ、海原めざしことごとく去って還らず。
忽ちにうしほに泛(うか)びただよひて、行手は知らね、

波、ために紅(くれない)に染(そ)み、燃ゆる怪しまれけり。
今宵なほ、わが衣(きぬ)、あげて移り香を籠めてぞるくゆる・・・
吸い給へ、いざわが身より、芳しき花の想い出。

 Les Roses de Saadi

J’ai voulu ce matin te reporter des roses ;
Mais j’en avais tant dans mes ceintures closes
Que les nœuds trop serrés n’ont pu les contenir.

Les nœuds ont éclaté, Les roses envolées
Dans le vent, à la mer s’en sont toutes allées.
Elles ont suivi l’eau pour ne plus revenir ;

La vague en a paru rouge et comme enflamée.
Ce soir, ma robe encore en est tout embaumée...
Respires-en sur moi l’odorant souvenirs.」

 なおサアディとは、13世紀のペルシャで名をなした詩人で、その著書『薔薇の園』の序文には、この詩の元になった次のようなエピソードが綴られている。
 「賢者がいて忘我法悦の状態にあった。彼が我に返ったとき、友人が尋ねた。〈君がいたあの花園から、何かを私たちに持ってかえってくれたか。〉するとこれに答えて、〈薔薇の木まで行って、衣をかかげ花で満たし、それを友たちに贈る夢を見た。だがたどり着いてみると、薔薇の香りですっかり酔ってしまい、衣が手から滑り落ちてしまったのだ〉と言った。」
 デボルド=ヴァルモールは逸話の主人公を女性に変えて、みごとに詠ったのである。(続)
[PR]
by monsieurk | 2015-10-30 22:30 |
line

フランスのこと、本のこと、etc. 思い付くままに。


by monsieurk
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31