人気ブログランキング |

ムッシュKの日々の便り

monsieurk.exblog.jp ブログトップ

男と女――第九部(20)

 八月十一日、モンココから為替と家屋税の通知が届いた。この日は少量のいかの塩辛と、主食として米二キロ、玉蜀黍八キロが四人の九日分として配給があった。
 四日後、敗戦が突然やってきた。金子光晴はこの日の記憶を幾つかの著作で書き残しているが、戦後もっとも早く出版された『詩人』の記述では、次のように簡単に書かれいる。
 「富士吉田まで行った女連中がかえってくると、吉田の町は粛然(ひっそり)として、ふだんと様子がちがうので、きいてみると終戦とわかった。天皇のかなしげな声がラジオできこえたといった。河野の家からもそのことを知らせてきた。
 僕らは、蓄音機でセントルイス・ブルースをかけて、狂喜のあまり踊りまわった。なにごとかと、宿屋の人達がのそきにきた。
 村人たちは頑迷で、なかなか敗戦の事実が信じられない様子だった。」(『詩人』)
 この日、女たちが富士吉田まで行ったというのは、三千代と美代が日用品の調達に行ったのである。三千代のもう一つの目的は、前年十月から富士吉田に学童疎開に来ていた武田麟太郎の二人の子どもに会うことだった。
 「八月十五日 晴
 五時起き。吉田へ出る。七時空襲警報のためバスが早く出て間に合はす。十一時頃やっと二番に乗る。駅で遺骨の迎に出会はす。町の様子が変ってゐて人通りがなく各家の中で人々はお通夜のやうに静かにかたまってゐる。
 ラヂオが悲しげな曲を送ってゐる。立ち止まってラヂオに耳を傾け、共同宣言受諾、聖旨による戦争中止を知った。時局の激変に茫然となる。方途のつかない気持だ。
 みよやを相手にむやみに喋りながら目的の松風荘をたづねた。武田氏の坊っちゃんはもう御両親のもとへ縁故疎開されたときいた。疎開先を教はり持ってきた牡丹杏を先生にといっておいて出る。
 もう空襲は来ない。さう思ふらくな気持で町を歩いてゐる。人の通ってゐない町。家々ではどの家でもラヂオに集ってゐる人の姿だ。
 塩野屋へ寄る。――くやしいぢゃありませんかと、小母さんは慨嘆する。お茶をもらってもろこしだんごのべんとうを使ふ。この間の大月の空襲で息子が手首をやけどしてきた話を聞く。八月のお盆で奥に仏壇をまつってあるのがみえる。いゝ花もないし、まんだらも飾ったが焼けるといけないのでよそへ預けたといふ。バスの故障で帰のバスの切符を買ひそこねる。
 運転手、女車掌、切符買いの若い娘達が今日の出来事にさまざまな感想をもらしてゐる。
「日本人ってこんなだらしないものなのか」
「最後までがんばりゃよかった」
 大衆はいつでも無責任なことしか言はない。
「――日本が印度になることですよ。」
 と壮士風な青年が話しかける。
 梨ケ原をさして帰途につく。自転車の武ちゃんに会って手の荷物をつけてもらふ。山中へ帰る百姓のおかみさんと道づれになる。
 長池の道は長かった。四日位の月が出たり入ったりする。朝鮮人の酔払ひの群とあちこしで出会ふ。
 吉田では警備についてゐた兵隊はもう毛布をまいて鍋釜をはこんでどこかの本隊へ帰っていってしまったといふ。闇の湖上で兵隊が舟を出して釣をしてゐる。
 十時に帰宅。
 食事、入浴の後、捨子さんの家でかんてんをごちそうになる。」
by monsieurk | 2017-07-02 22:00 | 芸術
line

フランスのこと、本のこと、etc. 思い付くままに。


by monsieurk
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30