人気ブログランキング |

ムッシュKの日々の便り

monsieurk.exblog.jp ブログトップ

木村荘八と牛肉屋「いろは」➁

荘八の父


木村荘八の父荘平に関する基本的文献としては、『木村荘平君伝』(明治四十一年)や『東洋実業家列伝』(明治二十六年)があるが、ともにいまでは稀覯本である。前者は荘平の三周忌供養として、報知新聞記者が編集したもので、国会図書館所蔵の本が電子化されて公開されている。これらを参考にしつつ、この「明治の怪物」の一人とされる荘平の生涯をたどってみる。

 荘平は天保十二年(一八四一年)七月、山城国(現在の京都府)伏見の農民の庄兵衛の長男として生まれた。先祖は宇治の田原で上林姓を名のる篤農家で、代々禁裏の百姓として皇室の御料地を耕すかたわら、宇治の名産である茶をつくる製茶師を兼ねていたという。庄兵衛は妻をめとったあと木村家に夫婦養子として入った。荘平はそこでの生まれたのだった。

 彼は幼い時から体格抜群で、十四歳のときには村相撲の横綱をはり、力士になることを夢見て、有名な小野川秀五郎の門をたたき、それから二年間は一門の力士たちとともに諸国を巡業してあるいた。そうした環境のなかで遊里にも足を踏み入れたのだった。だが二年後には母の哀願によって故郷に呼び戻された。その後、荘平は遊びをやめて、荷をかついで青物の行商をはじめ、やがて仲買の店を持つとともに、万延元年(一八六〇年)には製茶貿易を兼ねるようになった。

 この年はさまざま点で歴史を転換する画ときであった。二年前の安政五年六月、大老となった井伊直助は日米修好通商条約を受け入れることを決断、七月にはアメリカ艦上で調印した。これに対する反対する攘夷派の逮捕がしきりに行われた。いわゆる安政の大獄である。

 幕府は翌安政六年七月には神奈川に居留地をさだめ、これ以後海外との貿易が急速にすえることになった。ちなみに安政六年の輸出額は九万ドルだったのにたいして、万延元年には四十七万ドルに急増している。だがこうした激変にいきどおる攘夷派が少なくなく、万延元年の三月二十四日には、江戸城桜田門外で、大老井伊直助は水戸藩浪士たち十八人によって殺害された。こうした外国人を敵視する世論も少なくないなかで、茶の貿易を生業としようとすることは度胸がいったが、彼はこうした乱世を自分がのし上がるのに絶好の機会であると考えたのである。

 こうして茶の貿易を軌道にのせた荘平は、三年後の文久三年(一八六三年)には伏見の青物問屋二十三軒をまとめて組合をつくり、その取締役におされ、やがて京都にある各藩の屋敷に出入りする御用商人となり富をふやした。

 慶応四年(一八六八年)一月二十七日、鳥羽、伏見で幕府軍と鹿児島、長州連合軍とのあいだの戦闘をきっかけに戊辰戦争がおこった。伏見は荘平が商いをする地元だったが、彼はこの戦いの行方を勤王派が勝つと踏んで、薩摩軍のかけたのである。彼は軍の御用を引き受け、物資の調達にはしりまわった。これが荘平の後の運命をきめたのである。

 荘平は戦況を見きわめた上で、勤皇方が有利と判断した彼は、薩摩藩のための物資の調達にはしりまわった。兵力の上では幕府軍の方が優勢だったが、戦いは新式銃で武装した薩長軍の勝利におわり、一月三十一日には徳川慶喜にたいする追討令がだされた。慶喜は戦端が開かれるより前に咸臨丸で大阪を出帆、江戸にもどってしまっていた。二月十日、新政府は各国公使と兵庫で会見し、王政復古の国書を手渡し、外国と和親するむねを告げた。こうして徳川幕府の時代は終わり、新政府誕生が内外にむけて宣言された。

 明治維新はなったが新政府には金がなく、木村荘平が調達してきた物資への支払いもとどこおった。おかげで勝利に貢献した荘平の努力も報われずに終わったかにみえた。そんなとき、荘平は薩摩軍におさめた物品は、すべて戦勝を祝って、薩摩に寄付したことにすると申し出たのである。このいさぎよい行動は意気に感じやすい薩摩っぽの胸をうった。荘平は新政府の中核となった薩摩の人たちに恩を売った形となり、のちに明治政府のお声がかりで商売をする道をひらくことになる。


# by monsieurk | 2019-07-18 08:58 | 美術

木村荘八と牛肉屋「いろは」

 二〇一三年はうつりゆく東京の姿を大正から昭和にかけて情趣豊かに写した画家、木村荘八の生誕百二十年にあたり、それを記念する回顧展が、新装なった東京駅の「ステーション・ギャラリー」で開かれた。赤レンガの色もよみがえった駅舎のなかにあるギャラリーは、近代化していく東京を見つめ、日々変化する風景や風俗を、ときには旧懐の情をこめて描きのこした生粋の東京っ子、木村荘八にふさわしい場所であった。

今回の油彩画、挿画の原画などおよそ百点が展示された。なでも永井荷風の『濹東奇譚』の有名な挿画の全原画(国立近代美術館藏)三十四点や『東京繁昌記』の挿画は初めて目にしたもので、墨、ペン、鉛筆、胡粉を巧みに使い分けていて、その一筆書きのような線の見事さに感嘆した。

 もう一点目をひいたのが、油彩の代表作の一つ《牛肉店帳場》(百五十号)である。これは昭和七年の第十回春陽会展に出品された作品で、普段は長野の北野美術館に展示されているものである。

 絵の右半分は広い階段。そこでは階段を上がる女中と下りる女中がすれ違っている。上がる途中の女中は後ろ姿を見せ、慣れた手つきで牛鍋の材料を載せた膳を運んでおり、階段を踏む足音が聞こえてきそうである。

一方下りる女中は、片手で膳を肩にしている。膳はすでに客が食べ終わったもので、いかにも軽そうにみえる。廊下の床はよく拭きこまれていて、いままさに足をつこうとする女中白足袋の少し汚れた裏が映るほどである。

この絵には解説として、荘八自身の岡鹿之助宛ての手紙が添えられていたが、それによると降りてくる方の女中のモデルは、かつて下谷の花街で鳴らした名妓で、そのころは荘八の内妻だった君〔きみ〕とある。

 画面の左手半分は、階段下の帳場。そこに坐っているのは荘八の自画像で、客待ち顔の下足番のモデルは、古い画友の横堀角次郎である。絵の右の上部、階段の踊り場の柱には、「第八いろは」という文字が描かれている。しかし実際に中学を終えた荘八が、帳場見習いとして座っていたのは、両国にあった「第八いろは」ではなく、その後に浅草の「第十いろは」に移ったあとで、ここにはフィクションが混じっているとのことである。

 牛鍋屋の「いろは」は、京都から上京した荘八の父荘平が、明治十四年の暮れに、第一号店を、芝区三田四国町に開いたのが最初で、最盛期には東京市内に二十以上の店があった。そして各店は、荘平の本妻とお妾さんが経営にあたっており、荘平が彼女たちに産ませて認知した実子は、女十七人、男十三人で、荘八はその八番目の子で、そのために荘八と名づけられた。

 いまでいう牛鍋屋のチェーン店「いろは」は、荘平の死とともに左前となり、荘八がこの絵を発表した二十年前に倒産して、すべてなくなっていた。こうした環境に生まれ育った木村荘八は、やがて絵の道に進むことになる。


# by monsieurk | 2019-07-14 14:03 | 美術

『石坂洋次郎[若い人」を読む』の批評の再録

以下は拙著、『石坂洋次郎「若い人」をよむ 妖しの娘・江波恵子 』への書評の再録です。

b0081843_2051811.jpg

柏倉康夫『石坂洋次郎「若い人」をよむ 妖しの娘・江波恵子』(吉田書店、二〇一二年七月六日)読了。面白かった。柏倉先生、近年じつに精力的に著作を刊行されているが、そのいずれもが厖大な情報量をはらみつつ非常にスマートに整理されている。とくに本書は構成そのものがユニークで、しかも綿密に計算されており、小説と評伝がないまぜないなったような、これまであまり読んだことのないような読後感であった。

基本線は石坂洋次郎の代表作のひとつである『若い人』(『三田文学』連載の後、初版は正続二冊ともに改造社一九三七年、訂正版が一九三九年、新日本文学全集版が一九四一年)を梗概(あらすじ)として描き直すことである。主人公間崎・江波・橋本の三角関係を軸に、とくにヒロインである美少女江波恵子の行動と性格分析に力を注ぎながら、じつに見事に再構築されている。

柏倉氏は『若い人』を十五歳のときに読んで感激し、高校時代にスタンダールの『赤と黒』をクラシック・ラルッス(フランスの学生用に、原作の抜粋に多くの注釈をほどこしたもの)で読み、さらに大学生になって原文で全編を読んだ、それが氏の読書の喜びの原点になっている。そして本書の著述の原動力でもある。

私事ながらパリの宿の本棚に『赤と黒』のペーパーバックが挿してあったのでふと手に取って読み出してみたら素晴らしく読みやすい名文だったことにびっくりした(日本語では大昔に読んでいたものの、これほどとは思わなかった)。といっても途中で帰国してしまったので中断してそのままになっているのだが…いずれ続きを読みにパリに戻ろう。

《かつてあれほどもてはやされた石坂洋次郎の本が、いつのまにか書店の棚から姿を消してしまった。初期の短篇集『わが日わが夢』や、『若い人』、『麦死なず』、そして故郷の津軽を舞台に、戦後の風俗を活写した連作『石中先生行状記』を読むには、古本を探さなければならない現状は、まことに残念なことである。この一冊が、『赤と黒』のクラシック・ラルッスの抜粋本のように、原作をまだ読んだことのない若い読者や、かつて『若い人』を読んだ世代の人たちが、作品を手にとるきっかけになれば望外の喜びである。》(あとがき)

あらすじを読んでいて、やはり昔一度は読んだことのある作品だと思い出した。江波という女生徒の「境界例」と本書では診断されている複雑な行動パターンをハラハラしながら読んだような気がする。このあたり石坂洋次郎の真骨頂というのか、話の運びの上手さを感じさせる。ちなみに『石中先生行状記』は宮田重雄の装幀なのでたぶん今も持っている、ただし郷里の書庫。『若い人』初版は鈴木信太郎装幀、今もかつても所持せず。

石坂は同じく弘前市生まれの葛西善蔵に私淑していた。大正十四年に郷里で教職に就いた石坂を頼って葛西が弘前へやってくる。その作家としての破天荒な生き方を真正面から受け止めて、石坂は深くひきつけられながらも辟易しつつ自らの道を探すことになる。『金魚』という作品に葛西との葛藤の周辺を描いているが、柏倉氏は葛西という存在に江波恵子のオリジンを見るのである。

《では江波恵子はどうか。『金魚』には彼女の前身は見当たらないようにも思えるが、頽廃的な滅びの精神を生きる作家野村[葛西善蔵がモデル]こそが、それに当たるとも考えられる。事実、坂口[石坂自身がモデル]はこうした野村を、「恋人のような恍惚とした眼差しで見守る」(同書、一三八頁)のである。》([ ]内は引用者註)

これは鋭い指摘ではないか。そして葛西を反面鏡として自らの道を見いだした石坂の方法論とは次のようなものであった。

《出来るだけ一般の人々を喜ばせる小説を書きたいといふことだ。鋭いのはいけない、強いのはいけない、難しいのはいけない、だが卑俗なのもいけない。では何を書くんだ? まあともかく何かさう云つたものを」(『雑草園』中央公論社、昭和十四年、一一〜一二頁)》

この自問自答は昭和十四年という時期を考えるといかにも本質的なものだったろう。破滅型の私小説から出発した石坂が、横光利一の純粋小説論が話題を呼び、プロレタリア文学と探偵小説という二大エンタテインメントの嵐が吹き荒れた季節を経て、ここへたどり着いた。むろん石坂だけの問題ではないだろうが。

獅子文六の再評価さえも叫ばれている(かどうか知らないが、最近『日本古書通信』に獅子研究の連載があったのは確か)今日、石坂洋次郎が文庫で読めないというのは、あまりにも寂しくはないだろうか。藤澤清造でさえ読めるのだから! まずは本書をひもといて石坂洋次郎の真価がいかなるものか実感していただきたいものである。

# by monsieurk | 2019-07-12 15:34 |

京都三樂会

 偶然はときに大きな好運をもたらしてくれる。京都大学に在任中の野口圭三さんとの出会いはその典型だった。野口さんは京都の老舗建設会社野口建設の会長のかたわら、趣味で絵と篆刻を楽しむ人たちの会、「三樂会」を主宰していた。

 赴任した翌年の早春、名高い御室仁和寺の蠟梅を見物に出かけた。蠟梅は山門をくぐり、しばらく行った左手に、薄黄の見事な花をつけていた。見惚れていると、一本の梅の木の下で、花を見上げながら熱心にスケッチをしている人を見つけた。覗き込んだその絵の見事さに、思わず声をかけた。それが野口さんとの出会いだった。

 自己紹介をすると、「じつは愛好者が集まる絵の教室を開いている。興味があれば足を運んでみないか」と誘ってくれたのだった。当時は京都大学農学部の門のわきに建つマンションに住んでいたから、次の日曜日に百万遍の交差点からすぐ近い野口建設の本社を訪ねた。歩いても二十分の距離だった。

 こげ茶色の5階建ての社屋は、休日とあってシンとしていたが、5階の広い部屋には大勢の人たちが集まっていて、思い思いに絵筆を握り、あるいは彫刻刀で印材を刻んでいた。私もこうして三楽会の一員にしてもらったのである。

 だが私は決してよい生徒ではなかった。大学時代の恩師、フランス文学の鈴木信太郎先生は篆刻の名手で、作家の谷崎潤一郎や大仏次郎、画家の高畠達四郎のために見事な印を彫っている。そのひそみに倣いたいと思い、篆刻を指導する中尾滋男さんに一から手ほどきをうけたが、たちまち才能と根気のないことがわかり挫折した。いま手元には、この歳の干支だった「卯」の字と、縦長の二つの〇の中に縦棒を引いた「図形」を彫ったものが残っているが、なんとも無様な代物である。その代わりに、中尾さんには、専門とする19世紀フランスの詩人ステファヌ・マラルメの「横顔」や「牧神」の文字(これはマラルメの代表作である詩篇「牧神の午後」からとったもの)を彫っていただいた。大切な宝物である。

 野口さんの教えを受けた水彩画の方はもう少し続いたように思う。真如堂や北の植物園へスケッチに行ったり、野口夫人が丹精されて育てた花を教室で描いたりした。しかしこちらの方も、展示会に23回出品しただけに終わった。

 教室の生徒になった最大の役得は、野口さんが描いた膨大な風景画、人物画、静物画のカラー・コピーを頂戴したことである。これは東京へ戻ってからも、無地の台紙に貼って絵葉書にして、友人、知人に送って喜ばれた。ときどき「サインは誰か」という問い合わせがあり、それには厚かましくも、「京都時代の師匠」と答えている。

 一番長続きしたのは、三楽会の恒例行事である「ご苦労さん会」への参加だった。一度は、岡崎北御所町の「味ま野」で新年会が開かれたが、この頃は農学部入り口のマンションから岡崎北御所町の借家に移っていたから、「味ま野」は同じご町内で、以後、東京やフランスから客がきたときなどは、よく使わせてもらうことになった。

 こうして思い出してみると、三楽会は京都の方々と知り合い、仲間にしていただけた掛け替えのない縁だったことを実感する。


# by monsieurk | 2019-07-12 10:47 | 取材体験

フランスの最も美しい村

最近手にした一冊に『フランスの美しい村を歩く』(東海教育研究所、2016)がある。

旅行作家の寺田直子さんの文章と多くの写真が掲載されている。紹介されているのは、いずれも〈Les plus beaux villages de France(フランスの最も美しい村)〉と呼ぶ協会に属している村々で、寺田さんが実際に足を運んだ旅行記である。

この協会は、フランス各地に点在する小さな村の観光を促進するために、1982年に設立された。加盟するには厳しい選考基準があり、

(1) 人口が2000人を超えないこと

(2) 最低2つの遺産、遺跡(景観、芸術、歴史、科学などの面で)があること

(3) 環境を保護するための政策が地域の議会の同意を得ていること

などが主なもので、201810月現在、158の村が登録されている。

 数えてみると、寺田さんが紹介している30の村のうち、18カ所を訪ねている。その中には代表的な観光地、ノルマンディーのモン・サン・ミシェルやブルターニュのキプロン、ぶどう酒の産地として有名なブルゴーニュのヴェズレーなど、そこを目的に訪ねた処もあるが、多くは家族旅行の途中で立ち寄ったところが多い。そんな一つにグールドン(Gourdon)がある。

 2011年の夏、南フランスのトゥールーズに住む娘一家と、ニースで一週間のヴァカンスを過ごした。このときはニースを拠点に周辺の名所をまわったが、ある日の午後、ニースの街はずれにあるアンリ・マティスがつくった美しい礼拝堂(Chapelle)を堪能したあと〔ブログ「マティスの礼拝堂」2011.07-15参照〕、急に思い立って、ニースの背後の山の頂にあるグールドン村へ行ってみることにした。

 ニースと聞くと多くの人は真っ先に青い海を思い浮かべるが、実は海岸線のすぐ後ろは山岳地帯で、石灰岩を多く含む白く急峻な山々が広がり、山々の山頂近くにポツンポツンと村が点在する。海からくる外敵から身を守るために、あえて山頂に城壁や要塞を築いたのだという。これらの村々はAu Balcon du Midi(南仏のバルコン)、別名を「鷹の巣」(鷹が断崖絶壁などに巣をつくるのに似ていることから)と呼ばれて観光客を惹きつけている。

 グールドンの標高は760メートルとそれほどの高地ではないが、道のりは車で凡そ一時間半、舗装されているが急カーブの多い道を行かなくてはならない。この日は出発が遅く、村に着いたとき山間は暮色に染まり、村の中心にある城はすでに開場時間を過ぎていた。それでも村の周囲は見渡す限り空間で、眼下には深い渓谷を流れるルー川が見下ろせ、はるか遠くにニースの街や地中海が一望できた。

 まだ店を開けていたカフェで一休みし、名物のラベンダー入りの石鹸を買って帰途についた。夕食は8時にニースのレストランを予約していたので、少々急がなくてはならなかった。

なお2010年当時、グールドンの人口は426人だったとのことである。


# by monsieurk | 2019-06-25 17:44 | フランス(旅行)
line

フランスのこと、本のこと、etc. 思い付くままに。


by monsieurk
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31